布団の湿気取りの方法と予防法

布団の湿気取りの方法と予防法

Thumb?1414295452 muah♪さん

311

人間は眠っている時に500ml以上もの汗をかくと言われているので、水分が吸湿されてしまいジメッとした状態になってしまいます。ジメジメを放置すると気持ち良く眠れないものですし、またダニが繁殖したり、カビも発生し易くなるのできちんと対策を行う事が大切です。


  • 布団の湿気とり

  • 布団の湿気とり
  • 布団の湿気取りの方法ですが、すぐに実践できるのはやっぱり天日干しですよね。
    晴れた日に外に干しておけば湿気も逃がせますので、天気の良い日には天日干しをやっておきたいものです。ただ外に干すのはなかなかの重労働ですよね。
    また、車の排気ガスや花粉なども気になってしまう事もあるものですが、そういった時には布団専用の乾燥機を活用してみるのも良いかもしれません。
    お手軽に湿気取りを行う事ができますし、ふわふわの状態になりますので気持ち良く眠る事ができますよ。天日干しと違って毎日でも行う事ができますので、いっその事乾燥機を購入してしまうのも良いのではないでしょうか。
  • 湿気が溜まらないようにする予防

  • 湿気が溜まらないようにする予防
  • 湿気取りを普段から行うのも大切ですが、根本的に湿気が溜まらないようにする為の予防も行った方が良いですよ。
    予防法としては除湿シートを活用する方法があります。
    布団の下に敷いておくだけで湿気を取ってくれるというものですが、簡単な湿気対策ですので行ってみると良いでしょう。
    お金を掛けずに済ませたい時には新聞紙やゴザなどで代用するのも良いかもしれませんね。
    新聞紙を敷いておけば吸湿してくれますし、ゴザを敷けば湿気を溜まり難くする事ができますのでおすすめです。
    湿気対策の為には通気性を良くする事も大切ですので、すのこベッドや畳ベッドを利用するのも良いかもしれませんよ。
    通気性が良くなるだけで湿気の溜まり具合もかなり違ってきます。
  • 健康のためにも湿気予防、対策を

  • 健康のためにも湿気予防、対策を
  • 湿気取りを行う事で快適に眠れるようになりますので、天日干しを行ったり乾燥機を利用して対策を行うようにしましょう。
    また、湿気を溜まらせない為にも予防も併せて行う事をおすすめします。
    除湿シートや新聞紙、ゴザなどを活用すれば湿気も溜まり難くする事ができますので、日頃の湿気対策として行ってみるのも良いと言えます。
    さらにはすのこベッドや畳ベッドを利用すれば通気性も良くなり、湿気も溜まり難くなりますよ。
    湿気取りを行う事でジメジメした状態も改善できますし、ダニやカビの発生も予防できますので、健康面の観点からもきちんと対策をした方が安心ですね。
布団の湿気取りの方法と予防法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事