湿気に負けない髪型アレンジ

湿気に負けない髪型アレンジ

Thumb?1414295452 muah♪さん

789

梅雨の季節など、湿度が高いときは湿気による髪のうねりや広がりがとても気になると思います。湿気に悩まされていつもヘアスタイルを気にしてばかりいては何事も楽しめません。可愛いアレンジをたくさん覚えて、梅雨の季節を乗り切りましょう。


  • 湿気による髪のうねりや広がりが気になる時には

  • 湿気による髪のうねりや広がりが気になる時には
  • 出典: instagram.com

  • 梅雨の季節など、湿度が高いときは湿気による髪のうねりや広がりがとても気になると思います。スタイリング剤である程度キープすることは出来ますが、もともと癖の強い髪質の場合は、なかなか難しいものがあります。朝にシャンプーをすると、しっかりドライヤーをかけても湿度がこもりやすいので、夜にしっかり乾かして落ち着かせたほうが翌朝のまとまりが違ってきます。くせ毛は髪が乾きにくいので暑い季節には短く切ってしまいたくなりますが、肩より上のボブスタイルは、湿気があると広がりやすくまとまらないので、あまりおすすめできません。どうしても短くしたい場合は、ストレートパーマをかけて落ち着かせる必要がありそうです。
  • ヘアアレンジで広がりをおさえましょう

  • ヘアアレンジで広がりをおさえましょう

    出典: instagram.com

  • また、サイドの広がりをおさえたい場合は、編み込みで可愛くアレンジしましょう。
    毛束を取って上から編み込んでいく表編みと、下から編み込んでいく裏編みがありますが、網目をくっきり見せたいときは裏編みにします。細かく編むと、きっちりした印象になりますが、大きく編み込んでから毛束を少し引っ張って崩すと、ルーズな可愛さになります。
    ミディアムからロングヘアの場合は、長さによる重みでクセは目立ちにくくなりますが、やはり湿気の多い季節にはまとめ髪が無難です。一つに束ねてまとめる場合は、高い位置のポニーテールにすると若々しく可愛い印象になります。大人っぽくまとめたい場合は、低めの位置でルーズにまとめるとゆるふわで大人可愛い印象になります。手ぐしでルーズにまとめ、トップにボリュームをもたせるのがポイントです。まとめた髪から少し毛束をとり、ゴムを隠すようにぐるりと巻いてピンで留めるとオシャレに仕上がります。さらにヘアバンドで留めると、生え際のクセを落ち着かせることができるので湿気対策にも効果的です。
  • 編み込みアレンジを覚えておくと役立ちます。

  • 編み込みアレンジを覚えておくと役立ちます。

    出典: instagram.com

  • 最近はルーズなおさげスタイルも人気です。
    あまりきっちりしすぎないように、ざっくりと編み込んでいき、最後に毛束を少しずつ出して崩していきます。あえて崩すことで、昔の女学生風ではない、ゆる可愛いモテヘアーにすることができます。またロングヘアを編み込みで一つにまとめる場合は、表編みで大きくざっくり編んでいき、最後にトップを少しひきだします。ルーズでも湿気の影響をあまり受けないので、編み込みアレンジをいくつか覚えておくといざというとき役立ちます。
    湿気に悩まされていつもヘアスタイルを気にしてばかりいては何事も楽しめません。可愛いアレンジをたくさん覚えて、梅雨の季節を乗り切りましょう。
湿気に負けない髪型アレンジ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事