湿気による髪の広がりやうねり対策

湿気による髪の広がりやうねり対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

687

湿気の多い時期は、髪が広がったり、くせ毛が悪化しやすくなります。外気の湿気により髪内部の水分量が増えることが原因で広がりやすくなります。湿気による広がり対策としては、ダメージケアを行うことです。


  • 湿気の多い時期は髪の広がりやくせ毛が悪化しやすくなります

  • 湿気の多い時期は髪の広がりやくせ毛が悪化しやすくなります
  • 湿気の多い時期は、髪が広がったり、くせ毛が悪化しやすくなります。外気の湿気により髪内部の水分量が増えることが原因で広がりやすくなります。均等に水分が吸収されていれば、うねりは起きずに広がることがありません。しかし、キューティクルが剥がれた部分があるとそこから水分を溜め込んだ部分が膨張してしまい、うねりやすくなります。
  • 湿気による広がり対策はダメージケアを行うことです

  • 湿気による広がり対策はダメージケアを行うことです
  • 湿気による広がり対策としては、ダメージケアを行うことです。普段のスタイリングによりダメージを受けた部分に汗や湿気の水分が入り込むことで、うねりや広がりができてしまいます。クセを直そうと、ストレートパーマや縮毛矯正をかけることでもダメージが与えられ、痛みが激しくなります。そのため、ダメージケア用のアイテムを使ったり、ヘアマスクを使ってしっかりと栄養を補うようにします。寝る前には、キューティクルを保護することです。寝る前にヘアオイルを全体に馴染ませます。オイルで蓋をすることで、水分が逃げられない状態にできます。
    また、ブローの仕方を工夫することも対策のひとつです。ドライヤーを使い、濡れた状態から半乾きまでドライヤーで乾かします。寝癖が酷い場合には、寝癖直し用ウォーターなどを使いたっぷり濡らして寝癖をとってから半乾き状態まで乾かします。ドライヤーは、同じ場所に長時間当てないように注意しながら、短時間で根元までしっかり乾かします。毛先から根元に向かってドライヤーをかけると、キューティクルに逆らうことになり、はがれやすくなるため根元から毛先へ沿ってドライヤーを書けるようにします。半乾き状態になったら、好みのトリートメント剤をつけます。この時、つけすぎには、注意します。
    7割から8割程度乾いたらブローします。ストレートにしたい場合には、根元からブラシでゆっくりとすかしていきます。ブラシを追いかけるようにドライヤーで熱を与え、髪が冷めたら、ブラシを毛先側へと移動させ外します。
    外出中に髪が広がったりうねったりした場合には、オイルタイプのトリートメントを容器に移し替えて持ち歩くことです。さらっとしたオイルタイプであれば、移し替えることができます。まんべんなく軽めに付けるためには、霧吹きタイプが適しています。
  • 広がる原因は、水分量が関係しています

  • 広がる原因は、水分量が関係しています
  • 広がる原因は、水分量が関係しています。湿気の季節は、外の水分を吸い込まないように工夫をすることで、広がりやうねりを抑えることができます。また、髪自体を健康に保つことも重要です。
湿気による髪の広がりやうねり対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事