湿気で髪のうねりが出てしまう原因

湿気で髪のうねりが出てしまう原因

Thumb?1414295452 muah♪さん

677

湿気によって広がったりうねりが出てしまう原因は、その水分量にあります。健康な髪には約11パーセントから13パーセントの水分が全体に均等に含まれています。けれども広がってしまう毛の水分は、全体的に均等になっていません。毛に均等に水分が無いと、乾いた部分がねじれてしまい、その結果うねりができてしまうのです。


  • うねりが出てしまう原因は水分量です

  • うねりが出てしまう原因は水分量です
  • 家できれいにブローして整えてきたのに、外出先で髪にうねりが出てどんどん広がって収拾がつかなくなってしまった・・・髪にくせのある人などの多くが抱える悩みです。
    湿気によって広がったりうねりが出てしまう原因は、その水分量にあります。
  • 健康な髪には水分が全体に均等に含まれています

  • 健康な髪には水分が全体に均等に含まれています
  • 健康な髪には約11パーセントから13パーセントの水分が全体に均等に含まれています。けれども広がってしまう毛の水分は、全体的に均等になっていません。毛に均等に水分が無いと、乾いた部分がねじれてしまい、その結果うねりができてしまうのです。
    そして毛が傷んでいる場合は毛の表面を覆っているうろこ状のキューティクルがはがれてしまっている部分があります。キューティクルがはがれおちている部分が湿気などの外部の水分を吸収してしまうと、膨張して広がってしまうという仕組みです。そして剥がれ落ちたキューティクルは、毛の一本一本それぞれに場所が違うので、外部から吸いこんだ水分が溜めこまれる部分がバラバラに膨張してしまい、一本一本うねり方が違って、バサバサと広がってしまう原因になります。
  • 髪は日常的に常に紫外線やほこりなどにさらされ続けています

  • 髪は日常的に常に紫外線やほこりなどにさらされ続けています
  • 普段からヘアケアにはいろいろと気を使っているから大丈夫という人でも、髪は日常的に常に紫外線やほこりなどにさらされ続けています。それに加えて日々のスタイリングに使用するドライヤーやヘアアイロンなどの熱によってキューティクルは間違いなく傷つけられ、せっかく与えた水分が出て行ってしまうのです。そうしたことの繰り返しによって毛はいたみ、湿気が当たると広がってしまう原因になります。広がりやすいダメージヘアにならないようにするためには、毎日のヘアケアには十分注意することが必要です。
    まずシャンプーした後はタオルドライをしっかりして、半がわきになってからドライヤーをかけるようにします。そしてドライヤーの風を当てる時にはキューティクルの向きに合わせて根元から毛先へと向かって乾かすのが基本です。また、広がる毛には水分が足りないので、眠る前にヘアオイルなどを使って水分を逃がさないようにします。くせ毛の人のケアにも共通する方法ですが、外出先で広がったヘアにはさっぱりタイプのオイルを軽くなじませるという方法も有効です。外からの水分を毛が吸い込まないように軽く毛の表面を覆うことで、広がりやうねりを抑えることができます。うねって毛が広がってしまう原因は毛の中の水分量にあるので、外の水分をなるべく吸い込まないようにする工夫が必要になります。
湿気で髪のうねりが出てしまう原因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事