湿気取りの効果的な対策を知ろう

湿気取りの効果的な対策を知ろう

Thumb?1414295452 muah♪さん

394

部屋に過度な湿気が残ってしまうと、ムシムシして過ごしにくくなってしまったり、見えないところでカビが繁殖したりと悩まされてしまいます。困りものを取り除くためには、どのような湿気取り対策が効果的なのでしょうか。


  • 過度な湿気はカビやダニの原因にも

  • 過度な湿気はカビやダニの原因にも
  • 梅雨時のように長雨になると困るのが、部屋にジメジメと残る湿気です。
    部屋に過度な湿気が残ってしまうと、ムシムシして過ごしにくくなってしまったり、見えないところでカビが繁殖したりと悩まされてしまいます。
    また部屋だけの問題ではなく、衣類や布団が湿気を吸ってしまってもこれまたカビやダニが大繁殖してしまったりと、なかなか恐ろしい現象が起こってしまいます。
    さて、そんな困りものを取り除くためには、どのような湿気取り対策が効果的なのでしょうか。
  • 効果的な湿気取り対策

  • 効果的な湿気取り対策
  • まず、水気を室内に持ち込まない工夫をすることが第一です。
    雨の日には雨が部屋に入ってくることを阻止するために雨戸を設置し、雨漏りを起こしている箇所が無いかを調べておく必要があります。
    また、湿気の原因は外からだけでなく、自宅内の水回りが原因となる場合も考えられます。水漏れや水が溜まりやすい場所が無いのかをチェックし、最も湿気が発生する原因となる風呂場では、お風呂から出た後は壁や浴槽に水をかけて温度を下げることで、ムシムシとした空気を外に漏らさないようにすることが効果的な湿気取り対策につながるのです。
    次に意識したいのが、湿気を外に逃がしてあげることです。晴れた日には窓を開けて換気し、部屋に溜まった湿気を空気と一緒に外へ流してあげるのです。この時注意したいのが、空気の通り道を確保しておくことです。空気の入り口と出口を作り、その間を物が遮らないようにすることで、より大きな換気効果が望めます。
    この時、部屋の隅や棚の裏など、空気の通りが悪い場所には注意が必要です。空気の通りが悪いと感じる場所では扇風機を置いて空気の流れを作ってあげたり、家具を少し壁から離して設置しておくことで空気の流れを良くしてあげる気遣いが大事になってくるのです。
  • その他にもできる湿気対策

  • その他にもできる湿気対策
  • その他にも、人目の付かないクローゼットや靴箱の中には吸水性の良い新聞紙や重曹といったものを入れておいたり、こまめに雑巾の乾拭きを行うといった様々な湿気取り対策を講じることができます。
    肝心なことは湿気をなるべく室内に持ち込まないこと、室内に残った湿気は風通しを良くして逃がしてあげることの2つを守ることなのです。
    生活している住宅によっては日当たりが悪く湿気が残りやすかったり、風通しが悪くてうまく湿気を外に出せないこともあります。
    ですが、今では湿気取り対策のために多くの知恵が出ていますから、きっと我が家にあった湿気取り対策が見つかるはずです。
    ぜひ鬱陶しい湿気とはおさらばして、快適な生活空間を作り上げましょう。
湿気取りの効果的な対策を知ろう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事