湿気による髪の広がりやくせ毛の方必見です。

湿気による髪の広がりやくせ毛の方必見です。

Thumb?1414295452 muah♪さん

786

雨の日、湿気で髪がまとまらないと、朝出かけるのが憂鬱になりますよね。湿気とくせ毛の原因についてお伝えしていきたいと思います。原因を知ってしまえば、湿気も怖くありません。


  • 雨の日、湿気で髪がまとまらない。

  • 雨の日、湿気で髪がまとまらない。
  • 雨の日、湿気で髪がまとまらないと、朝出かけるのが憂鬱になりますよね。家を出るまではまとまっていたのに、家を出た瞬間くせがでてきたり、広がったりと・・・朝の努力が水の泡に・・・なんて経験をしたことがある方も多いと思います。
    今日は湿気とくせ毛の原因についてお伝えしていきたいと思います。
  • 湿気とくせ毛の原因

  • 湿気とくせ毛の原因

    出典: instagram.com

  • 原因その1
    水分不足。
    髪の毛も肌と同じように潤いが大切です。ティッシュを水につけるとみるみるうちに水が吸収されて広がっていきますよね。実はあれと同じ現象が髪の毛にも起きているんです。
    水分量が足りないから湿気を吸ってしまうのです。傷むからと、ドライヤーで完全に乾かさずに生乾きにしていると、表面の保護膜(キューティクル)が開いた状態になり、そこから必要な水分や栄養分が抜けていってしまい、結果として髪の毛が乾燥状態になるわけです。
    これではいくらトリートメントしても意味がありません。
    原因その2
    ドライヤー不足
    美容室でのドライヤー、自分で乾かすよりも時間が長くないですか?本来であればあれくらいの時間をかけて行うべきなのです。また美容師さんは手で梳かしながら乾かしますよね。あれはキューティクルを整えながら乾かしているんです。キューティクルが整っていないと、くせ毛の原因にもなります。キューティクルは魚のウロコのように綺麗に並んでいます。それを整えずに雑に乾かしたら、癖で広がってしまうのは想像できますよね。たまに毛先ばかり念入りに整えている方がいらっしゃいますが、毛先も確かに大切ですが、一番重要なのは根元です。根元を雑に乾かす事で、毛先の向きに影響がでます。結果、癖でうねってしまったり、はねたり広がったりしてしまいます。
    原因その3
    ダメージ
    ダメージが蓄積されてくると、髪はスポンジのようにスカスカの穴だらけの状態になります。この穴が湿気を吸ってしまうのです。月に何回もカラーやパーマなど無茶なことはなるべく避けましょう。一度受けたダメージは完全には修復できません。せいぜいそれ以上傷ませないように、現状維持するのが精一杯です。
  • 湿気とくせ毛の対策方法

  • 湿気とくせ毛の対策方法

    出典: instagram.com

  • まとめ
    長々と書いてきましたが、つまりは、
    ・ドライヤーをしっかりかける(手で梳かしてキューティクルを整えながら)
    大切なのは根元の向きです。しっかり下に引っ張りながら乾かしましょう。
    仕上げにオイル系のトリートメントをつけてあげれば、さらに保護膜になり、しっとりと重くなるので効果倍増です。
    ・ダメージを蓄積させない
    この2つです。
    原因を知ってしまえば、湿気も怖くありません。
湿気による髪の広がりやくせ毛の方必見です。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事