お金をかけない梅雨の湿気対策グッズ

お金をかけない梅雨の湿気対策グッズ

Thumb?1414295452 muah♪さん

507

花粉の季節が終わると、次はじめじめとした梅雨の到来です。カビやダニの繁殖を防ぐためにお金をかけないオススメの方法をご紹介します。


  • 梅雨の大きな悩み、カビやダニ

  • 梅雨の大きな悩み、カビやダニ
  • 花粉の季節が終わると、次はじめじめとした梅雨の到来です。
    雨がふると外出がおっくうになりますが、梅雨にいやなところはこの湿度のために、カビやダニが発生してしまうことです。お風呂や洗面所などのカビはタイルに黒ずみをつくり、一度できるとそれを綺麗にするにはとても手間がかかります。
    またダニは、それ自体に刺されることはなかったとしても、死骸となって空気に舞うと、さまざまなアレルギーを引き起こします。
    洗濯物の部屋干しが増え、鉄筋コンクリートになった建物は、保温効果は高まったものの通気性が悪くなりました。
    生活環境の変化から、カビやダニが大好きな湿気を取り除くことができにくくなったといえるでしょう。
  • 換気をすることでダニ対策

  • 換気をすることでダニ対策

    出典: instagram.com

  • カビは温度20〜30度、湿度70%前後で活発に活動を始めます。冬の乾燥時でも、室内は加湿器などで湿度が保たれている場合も多いので、一年中カビは発生していると考えておくべきでしょう。
    また、ダニは普段はたたみやカーペット、布団の中などにいます。気温25度前後、湿度60〜80%で活発になります。どちらに対しても、湿気対策することで、発生を妨げることができるのです。

    まず行うべきことは、換気です。
    晴れた日は部屋を閉め切らずに、空気の通りをよくします。窓は一方だけ開けても空気が流れませんから、対向する窓も開けます。
    ただし、雨の日の外気は室内より湿度が高い場合がありますから、窓を開けるのは控えます。
    また、観葉植物を置くことや洗面台に溜まった水滴も湿度を高める要因となります。
    窓や壁についた水滴・結露も湿気の原因となるので、こまめにふき取ることが湿気対策となります。
  • お金をかけない湿気対策

  • お金をかけない湿気対策
  • しかし、梅雨の間は換気も十分にはできません。除湿機を使うといっても、限られた部屋だけになります。
    そんなときは、湿気対策グッズを使います。
    一般的に用いられるのが、置くだけで空気中の水分を吸収する湿気とり。キッチンの下や壁に貼り付けられるように改良されたものもあります。布団などの湿気を吸い取るグッズとして、布団の下に敷く湿気とりマットなどがあります。
    このような既製品を用いなくても、家にあるものでこれらのグッズの代用とすることが可能です。
    例えば、ビンやペットボトルに重曹を入れて湿気とりの代わりにしたり、靴箱の中に新聞紙を敷く、部屋干しした洗濯物の下に新聞紙を敷くと湿気を吸収してくれます。
    さらに、布団の下にはバスタオルを敷くと、湿気とりマットの代わりになります。
    湿気対策グッズは消耗品であるし、一年を通して必要とするものですから、安くて効果の高いものを選びたいですね。
お金をかけない梅雨の湿気対策グッズ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事