布団に発生する湿気虫

布団に発生する湿気虫

Thumb?1414295452 muah♪さん

1519

湿気虫はダニの餌となってしまうため、湿気虫が増えるとダニが増えるということになります。湿気虫は主に畳などで繁殖するとされており、気づかないうちに数が増えてしまうこともあるため、1匹でも見つけたらすぐに駆除をすることが大切です。


  • 湿気虫とはどんな虫なのか

  • 湿気虫とはどんな虫なのか
  • 湿気虫は直接的に人間に害を与えるわけではないですし、成虫の体長は1mm程度と極めて小さく、単体ではあまり気にならないかもしれません。
    この虫は活発に動き回るのが特徴となっており、1匹1匹は小さくても大量に発生するとかなり気持ち悪いものです。
    また、大きさなどからダニに間違われることも多いのですが、ダニのように人を咬むことなどはありません。しかし、ダニの餌となってしまうため、湿気虫が増えるとダニが増えるということに注意しましょう。
    茶立虫と呼ばれることもありますが、湿気の多い梅雨の時期などにたくさん発生してしまう場合があります。
    それは餌になるカビが豊富にあるためであり、雑食性なのでホコリや人間のフケなども食べます。湿気虫は布団の中や本の中、ホコリの中などに生息しており、一度は見たことがある人も多いでしょう。
  • 湿気虫が与える悪影響

  • 湿気虫が与える悪影響
  • また、死がいや糞を吸い込むことでアレルギーが発症すると考えられており、くしゃみや咳、呼吸困難、湿疹などといった症状が出てしまうこともあります。
    この虫の糞や死骸は寝ている時に吸い込んでしまうと言われており、室内に漂っているチリやホコリなどがその原因となっています。
    食品関係では鰹節や小麦粉、から揚げ粉、乾麺などを食害しますが、それよりも大発生したときの見た目の不気味さ、不愉快さが大きな害となります。
    発生を予防するには屋内の風通しを良くすることが大切であり、住まいのカビ対策を行えば湿気虫対策にもなるでしょう。
    また、冬のうちから結露対策をしっかり行うことも有効です。
    春は新生活や引越しのシーズンなのですが、段ボール箱を床の上にずっと置いたままにしてしまうかもしれません。
    しかし、これはあまり良くありませんし、古新聞や古雑誌を放置するのもやめておきましょう。
  • 湿気虫の対策方法

  • 湿気虫の対策方法
  • 湿気虫は主に畳などで繁殖するとされており、気づかないうちに数が増えてしまうこともあるため、1匹でも見つけたらすぐに駆除をすることが大切です。
    湿度が上昇してカビが繁殖すると、それを食べるためにどんどん集まってきてしまうため、特に湿った布団には注意が必要です。
    成虫の場合はダニ用の殺虫剤の使用がオススメであり、餌となるカビの対策もしっかり行うようにしましょう。
    また、湿気やホコリなどの条件で繁殖する場合もあるため、こまめに換気を行う方が良いですし、カーペットの裏などに潜んでいる可能性もあるので細かい部分まで掃除機で掃除するというのがオススメです。
布団に発生する湿気虫
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事