気になるお部屋の湿気対策

気になるお部屋の湿気対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

377

梅雨の時期になると雨が多くなり、気温も上がっていくため、ジメジメと湿気が多くなります。アレルギー症状の発生などの被害を出さないためにも、湿気対策は大切です。


  • 湿気を発生させないためには

  • 湿気を発生させないためには
  • 梅雨の時期になると雨が多くなり、気温も上がっていくため、ジメジメと湿気が多くなります。
    日本にいる以上、避けては通れないこの季節ですが、対策を怠っていくと「カビ」や「ダニ」などが増え、それらによるアレルギー症状の発生などの問題が起きてしまいます。そういった被害を出さないためにも、湿気対策は大切です。

    湿気対策でまず肝心なのは、湿気を発生させないことです。
    湿気の発生源として多いのが部屋干しの洗濯物で、部屋に干すことにより水分が蒸発し湿度が高くなってしまいます。晴れている日は、なるべく外に干すようにしましょう。
    また、こまめな換気も重要です。湿気をこもらせないために、晴れている日に1日に数回、30分程度は換気をするようにしましょう。換気扇も湿気を追い出してくれるので、換気の際には回すようにしましょう。
    換気で忘れてはならないのが、家具やカーテンの裏です。家具は壁と少し離して置き、風通しをよくします。換気をするときにはカーテンの裏側にも風が通るように、カーテンを動かしましょう。
  • 木炭や重層を使った方法

  • 木炭や重層を使った方法
  • 湿気対策として手軽に手に入る除湿剤ですが、密閉空間で利用することを前提としているため、部屋などの広い空間だと吸収量に限界があり、大量に設置することになります。また後始末も面倒なのでおすすめはしません。

    そこで、部屋の湿気を吸着するのに木炭を使います。
    木炭には湿度を調整する作用があり、湿度が高いときは湿気を吸い、乾燥しているときは適度に吸収した水分を蒸発させてくれます。また除湿だけでなく、じめじめした嫌な臭いも取り除いてくれるので一石二鳥です。
    効果が感じられないときは、重曹を使うとよいでしょう。
    重曹は、ホームセンターや薬局などで購入することが出来ます。この重曹にも木炭と同じように、湿気や臭いを吸着してくれる効果があり、除湿剤として使うことができます。
    空き瓶に、高さ1/2〜1/3の量の重曹を入れて、湿気の気になる場所に置きます。アロマ精油を加えることで、アロマ除湿剤としても使えます。水分を吸った重曹はそのままゴミ箱に捨てるだけなので、後始末も簡単です。
  • 梅雨を快適に過ごすためにも対策を

  • 梅雨を快適に過ごすためにも対策を
  • それでも湿気が酷いときは、除湿機を使いましょう。音が静かなものや、コンパクトなものなど、さまざまな商品が販売されているので、用途にあったものを選んで部屋に置きましょう。

    カビや湿気の対策を放っておくと身体にも家にも問題が起きてしまいます。少しの手間と工夫で、湿気の多い時期でもを快適に過ごすことができますので、できるものから取り入れてみてください。
気になるお部屋の湿気対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事