窓に貼る湿気取りシートについて

窓に貼る湿気取りシートについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

842

外の気温よりも家の中の気温が上がったり、湿気が多かったりすると、窓ガラスがビショビショに濡れてしまうことが多いです。このような窓の結露はとても厄介なもので、ガラス部分だけでなくサッシの部分も濡れてしまい、それを放っておくことでカビやダニの発生の原因となってしまいます。また、木材を多く使用している住宅にとって湿度は大敵です。構造材がもろくなったり、腐敗につながってしまうので気をつける事が大切です。


  • 家の大敵、湿気

  • 家の大敵、湿気
  • 外の気温よりも家の中の気温が上がったり、湿気が多かったりすると、窓ガラスがビショビショに濡れてしまうことが多いです。このような窓の結露はとても厄介なもので、ガラス部分だけでなくサッシの部分も濡れてしまい、それを放っておくことでカビやダニの発生の原因となってしまいます。カビやダニは部屋の空気を悪くしてしまいますし、健康にもあまり良くないと言えます。また、木材を多く使用している住宅にとって湿度は大敵です。構造材がもろくなったり、腐敗につながってしまうので気をつける事が大切です。さらに、窓の近くでコンセントなどのコードを使ったり、電子製品を使用していると、漏電・火災などを引き起こしてしまう可能性があるので、きちんと対策をしなければいけません。効率的に窓の湿気を取るためにはどうすればよいのでしょうか。
  • 結露を効率的に解消するためには

  • 結露を効率的に解消するためには
  • そもそも結露とは、温かく湿った空気がなにか冷たいものに触れることで、水滴へと変化することを指します。湿度が上がると、水分を大量に含んだ空気が外の空気で冷やされているガラスに触れてしまって、結露を起こしてしまいます。びしょびしょに濡れてしまうと、水分が垂れてきてさまざまな弊害を起こしてしまうことがあるので、注意しておくことが必要だと言えます。これを効率的に解消するためには、湿気取りシートを使うととても便利です。
    湿気取りシートを貼ることによって、窓と室内の空気の間にクッションを作ります。外の空気で冷やされたガラスと室内の暖かく湿った空気が直接触れ合わないために、びしょびしょになってしまうことを防止します。毎日、雑巾で水分を拭いてまわるのはとても重労働です。そんな時に、湿気取りシートを貼っておくだけで、びしょびしょになってしまうことを防ぎます。湿気取りシートの多くは、2、3層に空気の層をつくってくれるので、暖かい空気が直接冷たいガラス面に触れることがなくなるのです。シンプルなデザインのものから、かわいい柄がプリントしてあるもの、レースなどの模様になっているものなど、さまざまな種類があります。インテリアに合わせて、柄を選ぶのもまた楽しいです。
  • 湿気取りシートを効果的に活用しましょう

  • 湿気取りシートを効果的に活用しましょう

    出典: instagram.com

  • 時間もない、そんな方も多いかと思います。湿気取りシートを効果的に活用してカビやダニの発生を防ぎ、湿気の高くジメジメした日も快適に過ごしましょう。最近では、100円均一でもかわいいデザインのシートがたくさん販売されているので、店を覗いてみるのも楽しいです。
窓に貼る湿気取りシートについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事