フローリングと布団に溜まる湿気を湿気取りシートで解消

フローリングと布団に溜まる湿気を湿気取りシートで解消

Thumb?1414295452 muah♪さん

534

布団はフローリングのように湿気を吸収してくれない素材の上に敷いた場合は、日干しなどのお手入れをしていたとしても、カビが生えてしまいます。人は一晩で約コップ一杯の汗をかくと言われております。この汗の湿気が敷布団を通して発散し、フローリングで湿気の発散がストップしてしまうことで、布団とフローリングの間で湿気が溜まってしまいます。


  • 布団をフローリングの上に敷いた場合はカビが生えることもあります

  • 布団をフローリングの上に敷いた場合はカビが生えることもあります
  • 布団は畳などの湿気を吸収してくれる場所に敷いているときには、あまり湿気はこもらないので、そのまま敷いていても問題はありません。しかし、フローリングのように湿気を吸収してくれない素材の上に敷いた場合は、日干しなどのお手入れをしていたとしても、カビが生えてしまいます。
  • フローリングのカビ対策はしっかりと行いましょう

  • 人は一晩で約コップ一杯の汗をかくと言われております。この汗の湿気が敷布団を通して発散し、フローリングで湿気の発散がストップしてしまうことで、布団とフローリングの間で湿気が溜まってしまいます。
    この症状は部屋の結露と同じ症状で、冷たい床面と布団底面との温度差が出やすい冬にもっとも起こりやすい症状です。このまま使用していると、裏側に黒いシミや斑点のようにカビが発生してしまいます。特に木綿綿の場合、湿気は全体にこもります。
    フローリングに直接敷く場合には、晴天時に干すことがとても有効ではありますが、晴れの日が続くとも限らなのと、完全に乾くとも限りません。
    そういったときには湿気取りシートを使うとそういった症状を解消することができます。湿気取りシートを使うと、シートが湿気を吸ってくれます。
    湿気取りシートは湿気を摂ってくれて、天日に干すだけで繰り返し使用することができます。選ぶ際には、防臭や防カビ仕様になっているものを選ぶことで衛星的に使うことができます。
    また、押し入れの除湿などにも使うことができるので、湿気吸収剤の代わりとしても使うことができます。寝る時に常に清潔に保つことができます。
    一人暮らしの方のように、干す時間もないという方でも、時間があるときに湿気取りシートを干すことで、清潔に保つことができます。
    また、フローリング自体にも、湿気がいつまでも残らないので、フローリング自体もカビることもないし、ダニなどの発生なども防ぐことができます。
    カビはフローリングにとっても良くありません。フローリングが湿気によって腐ってしまうということもあるので、フローリングのカビ対策はしっかりとしておかないといけません。
  • 湿気がなくなればダニの発生を少なくすることができます

  • 湿気がなくなればダニの発生を少なくすることができます

    出典: instagram.com

  • 湿気と人の熱はダニにとっても最適な環境なので、発生しやすくなります。湿気がなくなればダニの発生を少なくすることができます。
    ダニやカビは人にとってアレルギー症状を引き起こしてしまう原因となってしまいます。カビは胞子が気管に入ることで、身体にとても悪い影響を与えてしまうので、しっかりと対処する必要があるので、フローリングと布団の間には湿気取りシートを入れて対策しておくことがとても重要です。
フローリングと布団に溜まる湿気を湿気取りシートで解消
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事