湿気取りシートの活用術を提案します

湿気取りシートの活用術を提案します

Thumb?1414295452 muah♪さん

802

湿気取りシートは、ふとんの下に敷くことで、寝汗や湿気をすばやく除去する効果があるシートです。花粉症などで外に布団を干したくないという人や、忙しくて布団を干す時間がない人にも、このシートをひくだけで、布団に含んでいた湿気を吸収することができますから、安心です。


  • カビやダニの原因になる湿気への対策はとても大事です

  • カビやダニの原因になる湿気への対策はとても大事です
  • 湿気取りシートは、ふとんの下に敷くことで、寝汗や湿気をすばやく除去する効果があるシートです。湿気を吸収するだけでなく、サラサラ感を持続させる効果があるので、梅雨のジメジメな時期や、夏には必須のアイテムです。花粉症などで外に布団を干したくないという人や、忙しくて布団を干す時間がない人にも、このシートをひくだけで、布団に含んでいた湿気を吸収することができますから、安心です。布団に湿気があると、カビやダニの原因になりますから、湿気対策はとても大事です。
  • シートをひけば布団のカビやダニ対策にも有用です

  • シートをひけば布団のカビやダニ対策にも有用です
  • 寝ている間にかく汗は、およそ500mlになりますが、特に汗をかきやすい頭からお尻までの部分にかけて効率よく吸収するようになっています。汗は臭いを発しますから、匂いを吸収する消臭機能も付属しています。天日に干すだけで繰り返し使用できますから、コストパフォーマンスもとてもよいのです。シート自体は軽いので持ち運びしやすいのもポイントです。
    また、床に布団をひいて睡眠を取る場合にも、湿気取りシートを使うのがいいでしょう。畳に限らず、フローリングの床にも、カビは発生します。布団は厚みがありますが、床に直に敷いた場合には朝起きてみると床がじっとり濡れていたということが少なくありません。フローリングは湿気を吸収しないため、水滴となってたまってしまうのです。これはフローリングに限らず、合板が使用されている簡易的なパイプベッドの床面でも同じことが起こりますから、注意することが必要です。その場合には、シートをひけば、溜まった水滴を吸収してくれますから、いつも乾燥した状態で清潔さを保つことができます。布団のカビやダニ対策にも有用です。
  • 湿気取りシートにはいくつかの活用術があります

  • 湿気取りシートにはいくつかの活用術があります
  • 湿気取りシートには、睡眠時に使う以外に、いくつかの活用術があります。畳の上にマットやカーペットを敷く場合には、湿気取りシートを敷いてから敷くといいでしょう。クッション性も高くなりますし、畳は特に湿気を含みやすいですから、カビなどが繁殖しやすいのです。また、布団をシーズンごとに変えるときに、布団袋に入れて片付ける布団の間に湿気取りシートを一緒に入れて保存するのもいいでしょう。消臭機能がありますから、押し入れの独特の臭いやカビの臭いも防ぐことができます。同じく衣装ケースに入れても効果があります。このように、家の中では湿気を含むところが多く、匂いが気になるところが多いので、持ち運びしやすい湿気取りシートの活用術は無限に広がります。
湿気取りシートの活用術を提案します
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事