市販の湿気取りシートを上手におしゃれに湿気対策

市販の湿気取りシートを上手におしゃれに湿気対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

701

湿気対策に使われる湿気取りシートには布団用だけでなく、様々なものがあります。通気性のある家具の配置にする、まめに換気するのが一番の湿気対策ですが、日常生活を送っていると、時間が限られていて、できることとできないことがあります。市販のシートを上手に利用して、湿気対策をしましょう。


  • 家庭の湿気対策は冬の結露も注意が必要です

  • 家庭の湿気対策は冬の結露も注意が必要です
  • 布団を床に敷いている人は、ある日、裏にところどころに黒いカビができているのを発見して驚いたことはないでしょうか?体から出る汗、家庭内の湿気がたまり、カビが発生してしまうのです。
    家庭の湿気対策は、梅雨の時期だけで良いと思われている方も多いかもしれませんが、冬の結露も注意が必要です。特に布団は寝汗を吸収するので、湿度の高い夏も対策は不可欠です。
    湿気対策に使われる湿気取りシートには布団用だけでなく、様々なものがあります。使う目的と場所に合わせたシートを利用しましましょう。
  • お部屋の雰囲気に合わせて湿気取りシートを活用しましょう

  • お部屋の雰囲気に合わせて湿気取りシートを活用しましょう
  • 床敷きの布団には、布団用湿気取りシートが効果的です。バスタオルを用いても効果はありますが、一年間通して必要であることや、バスタオルの洗濯頻度などを考えたら、吸水性の高いシートが販売されていますので、購入したほうが得かもしれません。
    おしゃれ着を収納するクローゼットにも湿気対策をしましょう。バーに引っ掛けるタイプの湿気とりがありますが、これだけでは不十分です。水分は空気よりも重いので、湿気は下の方から溜まります。クローゼットの下にシートを敷くと良いでしょう。代替として新聞紙を用いても効果はあります。
    また、濡れてしまった洋服をそのままクローゼットに入れてしまっては、カビの発生を防止することはできません。そんなときは、衣類にかけるタイプの湿気取りシートがあります。厚手の服や、部屋干しして乾ききっていない服にも使えるので便利です。
    布団の下やクローゼットの下に入れる湿気取りシートは、それ自体がおしゃれな必要はありませんが、見せるところには空間に合わせたものを使いたいものです。例えば、食器棚や靴箱、サイドボードの中など。サイズに合わせて、切っておけるタイプのシートがあります。シンプルな花柄などのシートは、台所用品を扱うメーカーや、100円ショップでも販売されています。お部屋の雰囲気に合わせて選びます。高価なものでなくても、安くてシンプルなものを選んで、定期的に交換して清潔を保つことが大切です。
    さらに、お弁当用シートもあります。ご飯は冷めてから蓋を閉めるのが鉄則ですが、湿度が高い日は、それでもお弁当の中に水分がたまり、べちゃっとしたご飯になりがちです。そこで、シートを入れておけば、時間がたってもさらっとしたご飯をいただけます。
  • 市販のシートを上手に利用して、湿気対策をしましょう

  • 市販のシートを上手に利用して、湿気対策をしましょう

    出典: instagram.com

  • このように、さまざまな場所、用途に合わせた湿気取りシートが発売されています。
    通気性のある家具の配置にする、まめに換気するのが一番の湿気対策ですが、日常生活を送っていると、時間が限られていて、できることとできないことがあります。市販のシートを上手に利用して、湿気対策をしましょう。
市販の湿気取りシートを上手におしゃれに湿気対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事