湿気取りシートとすのこで梅雨を乗り切りましょう

湿気取りシートとすのこで梅雨を乗り切りましょう

Thumb?1414295452 muah♪さん

1195

もうすぐうっとおしい梅雨がやってきます。油断をすると家中の壁や押入れの衣類にカビが生えてしまいます。そこで簡単で効果的な湿気対策をお教えします。
まず湿気取りシートとすのこを用意しましょう。押入れに収納している布団の下に湿気取りシートを敷き詰めて、その上にすのこを置き、さらにその上に湿気取りシートを敷いて、布団を置きます。これだけで布団を湿気から守ってくれる上に、押入れに充満している湿気が軽減されます。


  • 簡単で効果的な湿気対策

  • 簡単で効果的な湿気対策
  • もうすぐうっとおしい梅雨がやってきます。油断をすると家中の壁や押入れの衣類にカビが生えてしまいます。そこで簡単で効果的な湿気対策をお教えします。
    まず湿気取りシートとすのこを用意しましょう。いずれもホームセンターなどで格安で販売されています。また100円ショップでも500円から1000円くらいの値段帯で売られています。価格の高いもののほうが耐久性が良いですし、性能が良いのでおすすめです。
  • まず湿気取りシートとすのこを用意しましょう

  • まず湿気取りシートとすのこを用意しましょう
  • さて活用法ですが、押入れに収納している布団の下に湿気取りシートを敷き詰めて、その上にすのこを置き、さらにその上に湿気取りシートを敷いて、布団を置きます。
    これだけで布団を湿気から守ってくれる上に、押入れに充満している湿気が軽減されます。できればシートを押入れの壁や天井にも敷き詰めておけばより効果的です。
    そして靴箱の中にも湿気取りシートは敷けば効果があります。靴箱があふれて玄関に靴を置いているご家庭は多いと思いますが、湿気というのは低い場所に溜まるので、玄関は湿気の溜まり場です。そのまま靴を置かずにシートとすのこを敷いてから、その上に靴を置くと靴にカビが生えることもないし、臭いも軽減できます。
    風呂場の足拭きマットもカビの温床になります。マットの下にシートを置けば多少はカビ防止になりますし、床にカビが生えることもありません。
    床にシートを直置きする技はお手軽なのでおすすめです。玄関マットや台所マットにも使えますし、布団やベッドの下にも有効です。本棚や食器棚の下、冷蔵庫の下など、とにかく湿気が溜まりそうな場所にいくらでも使えます。
    位置がずれないように両面テープを使うと良いでしょう。100円ショップに床や壁に貼っても跡が残らない両面テープが売っています。これなら床だけでなく壁にも貼ることができます。
  • アイディア次第で用途は無限大です

  • アイディア次第で用途は無限大です
  • しかし、シートの欠点は単色系のものが多く、非常に地味なのでお部屋の雰囲気を損ねることがあります。そこでシートの上からお洒落なカーテン生地などをかぶせると良いでしょう。生地は通気性の悪い素材のものですとシートの吸湿性を損なってしまうので、通気性のよい生地を使うことをおすすめします。100円ショップにギフトを包む包装紙が売っておりそれを上から貼るだけでもお洒落です。
    シートは低価格ですしハサミで簡単に裁断できますし、すのこは色々なサイズが売られており、ノコギリでも切断できるのでアイディア次第で用途は無限大です。
湿気取りシートとすのこで梅雨を乗り切りましょう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事