ソフトクリームのカロリーや成分について

ソフトクリームのカロリーや成分について

Thumb?1414295452 muah♪さん

1307

ソフトクリームのカロリーは最も標準的なレシピで製造されるバニラ味のもので、本体のクリーム100g当たり150kcalが目安となります。実際の1個のクリーム部分は120〜140g程度が標準的な為、全て食べる事を仮定すると200kcal近くにまで至る事も考えられます。


  • ソフトクリームのカロリーはクリーム100g当たり150kcalが目安です

  • ソフトクリームのカロリーはクリーム100g当たり150kcalが目安です
  • ソフトクリームのカロリーは最も標準的なレシピで製造されるバニラ味のもので、本体のクリーム100g当たり150kcalが目安となります。実際の1個のクリーム部分は120〜140g程度が標準的な為、全て食べる事を仮定すると200kcal近くにまで至る事も考えられます。これに土台となるコーン部分が追加される事となり、一般的なコーンは50kcal程度である事から、全量1個は200〜250kcal程度になります。
    この数値は他の食物との比較で見ると、ご飯小盛〜普通茶碗の1杯くらいに相当します。牛乳・生クリーム・糖類といった全ての主原料がカロリー源となる事から、相応の数値にはなる訳です。
    一方、同じような主原料且つ冷菓でもあるアイスクリームと比較すると、やや低めです。これはソフトクリームの適温がややアイスクリームのそれより高い事に理由が求められ、人間の舌が甘みをより感じ易くなる温度となる為に、糖類の使用が若干少ない事が影響しています。
  • トッピングが付加された場合にはそのまま上昇の要素となります

  • トッピングが付加された場合にはそのまま上昇の要素となります

    出典: instagram.com

  • ソフトクリームのカロリーの土台はこのような内訳になっていますが、実際の製品としては様々な味やフレーバーのものが出回っており、其々に異なった要素が加わる事となります。
    例えばトッピングが付加された場合にはソフトクリーム本体とは別の成分が加わる事となるので、そのまま上昇の要素となります。一方フレーバーについては単に香料のみの添加であれば基本的に影響がありませんが、味のバリエーションを出す為の食材を追加した場合には、それと合わせる為にソフトクリーム自体の成分も調整される事が多く、カロリーは変動する事になります。脂肪分のあるような食材が追加されると上昇したりする一方、甘みのある食材が使われた場合には全体の甘みの整合性を取る為に糖分添加が減らされる事もあり、減少にもなり得ます。レシピ毎の違いが大きく判断は難しいですが、飽くまで副材によるものである事を考えると、極端な変動はし難いと捉えられます。
  • 如実に反映され易いのは、土台のコーン部分です

  • 如実に反映され易いのは、土台のコーン部分です

    出典: instagram.com

  • 寧ろ如実に反映され易いのは、土台のコーン部分です。前述のように一般的なものは50kcal程度なのですが、ワッフルコーンのように厚みのあるものが採用されていると土台部分だけで100kcalに届くケースもあり、その差自体も大きなものとなっています。
    従ってダイエット中等でカロリーを気にしつつもソフトクリームを食べたいといった場合には、トッピングは極力少ない・一般的なコーンを使ったものという、比較的シンプルなものを選ぶ事が望ましいと言えます。それで満足感が得にくい場合には、比較的影響が少ないと考えられる味・フレーバーの方の変化で対応すれば良いと考えられます。
ソフトクリームのカロリーや成分について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事