ソフトクリームの作り方のコツについて

ソフトクリームの作り方のコツについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

1763

ファミレスや漫画喫茶、焼肉店などでは、ソフトクリームのサーバーを使い、ソフトクリームを自分で作る機会も増えてきています。まず、きれいな渦巻きの形のソフトクリームを作るには、サーバーの特性を理解しておく必要があります。サーバーによって、出てくるクリームのスピードが違いますので、そのサーバーのスピードを把握しておくことが大事です。


  • きれいな渦巻きの形にする作り方には、コツがいろいろあります

  • きれいな渦巻きの形にする作り方には、コツがいろいろあります
  • ファミレスや漫画喫茶、焼肉店などでは、ソフトクリームのサーバーを使い、ソフトクリームを自分で作る機会も増えてきています。このソフトクリームをきれいな渦巻きの形にする作り方には、コツがいろいろあります。
  • サーバーの特性を理解しておく必要があります

  • サーバーの特性を理解しておく必要があります

    出典: instagram.com

  • まず、きれいな渦巻きの形のソフトクリームを作るには、サーバーの特性を理解しておく必要があります。サーバーによって、出てくるクリームのスピードが違いますので、そのサーバーのスピードを把握しておくことが大事です。また、レバーの力加減を一定にしないと途中で切れたりしますので、注意が必要です。一番、ソフトクリームを作るときに失敗しがちな人の勘違いとして、クリームを受け止めるコーンを回す人がいますが、これはかえって渦巻きが崩れる原因になります。もともとソフトクリームのサーバーのクリームが排出される箇所は、何もしなくても自動で渦をまくようにクリームが出る仕組みになっていますので、コーンをそのまま動かさずに置いた状態の方が形を崩さずにクリームを巻くことができます。古い機種の場合は、手動でクリームを巻かないといけないものもあります。その場合は、少しコーンや容器を動かす必要があります。お客によるセルフサービスを行っているファミレスや焼き肉店などで置いてあるサーバーの場合は、自動式のものが主流になっています。店員が作る業務用のサーバーの場合は、手動式のものが多いです。クリームが入口からおりてきたら、そのまま受け止める感じでコーンを持っているのがコツです。また、コーンや容器は水平にもち、サーバーの入り口と離しすぎないようにします。目の位置は、クリームが出てくるところに合わせて、ひざを少し曲げた態勢で行うとよいです。クリームのひと巻き目は、少し大きめに円を描くイメージで行います。コーンで受け止める場合は、コーンから少しはみ出す程度が一番ベストです。そして、ふた巻き以降は、少しずつ円を小さくするイメージで巻いていきます。最後に、ソフトサーバーの機械を止めて、受け止めていたコーンや容器を真下の方向に下げていき、手前に引くときれいな渦巻きの形ができあがります。
  • トッピングでごまかす方法もあります

  • トッピングでごまかす方法もあります

    出典: instagram.com

  • 作り方の基本さえつかめたら、数回練習するとかなり上達できます。練習するときは、コーンや容器をもつ手を決めておいたほうがよいです。持つ手を変えると微妙に感覚がずれることもあるからです。上手にクリームを巻けなかったときのごまかし方としては、トッピングを工夫する方法があります。
ソフトクリームの作り方のコツについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事