SPF表示があるサンオイルでガン予防

SPF表示があるサンオイルでガン予防

Thumb?1414295452 muah♪さん

376

サンオイルは、日焼け止めほどの紫外線硬化はなく、まったく日焼け止めがはいっていないものもあります。紫外線カットの効果が低くても、塗らないよりは塗ったほうがお肌を守ることができます。最近では、紫外線によって皮膚ガンになりやすくなるといった研究報告も一般的に知られるようになっていますから、太陽の下に出るときには、こういったサンオイルを利用するのがおすすめです。


  • SPF0のサンオイル

  • SPF0のサンオイル
  • サンオイルは、日焼け止めほどの紫外線効果はなく、まったく日焼け止めがはいっていないものもあります。そういったサンオイルは、SPF0と表示してあります。ですが、一般的なサンオイルの中には、効果の弱い日焼け止めが入っているものが多くなっています。ですから、だいたい紫外線カット効果がSPF2からSPF6程度のものが多いといえます。
    紫外線カットの効果が低くても、塗らないよりは塗ったほうがお肌を守ることができます。日焼けを完全にしたくないという人でなくても、最近では、紫外線によって皮膚ガンになりやすくなるといった研究報告も一般的に知られるようになっていますから、太陽の下に出るときには、こういったサンオイルを利用するのがおすすめです。
  • 日焼けとガンとの関係

  • 日焼けとガンとの関係

    出典: instagram.com

  • 日焼けとガンとの関係は、多くのひとが心配していることですが、とくにUVBには発がん作用が高いので、SPFの数値が表示されているもので紫外線を防ぐことがたいせつです。ちなみに、UVAにも、UVBほどではありませんが発ガン性があるので、UVAのカット効果を示すPAの値が表示されているものがこのましいです。
    何も塗らずに紫外線をたくさん浴びると、皮膚の奥でメラニンがたくさんつくられるようになります。メラニンの増加は、シミやそばかす、そして肌の老化などにつながるために、美容面からもあまり好ましくないことですが、場合によっては皮膚ガンになるリスクを高めてしまうこともあるために、健康の面からいっても、むやみにたくさんの紫外線を浴びるのは避けたいものです。
    メラニンは、そもそも皮膚を守るために出されるものですが、大量の紫外線、それもUVBによってつくられたメラニンは、悪性黒色腫につながってしまいます。これによる死亡率は高いものではありませんが、紫外線対策をしておくに越したことはありません。
  • ダメージなくこんがり肌

  • ダメージなくこんがり肌
  • 肌をこんがり焼いて健康的に見せたいといった人は、ただ単に太陽の下にねそべって紫外線を大量に浴びてしまうと、皮膚ガンのリスクを増やしてしまうだけです。
    それに、むらなくきれいに日焼けをするためにも、サンオイルを塗ってから太陽のもとに出るのがおすすめです。
    もちろん、皮膚が真っ赤になってしまったり、皮がめくれるなどのひどいダメージを皮膚に与えずに日焼けをすることができます。日焼けをしたくない、白い肌を維持したいというひとはもちろんですが、皮膚を日焼けさせたいひとも紫外線対策をわすれずにすることが重要です。
SPF表示があるサンオイルでガン予防
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

SPF
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事