風邪予防や対策にはこまめな水分補給

風邪予防や対策にはこまめな水分補給

Thumb?1414295452 muah♪さん

305

風邪が流行り出す乾燥した環境は、細菌などのウイルス攻撃を受けやすいためこまめな水分補給で潤いを与えて予防することが重要です。


  • 乾燥した環境

  • 乾燥した環境
  • 冬の季節は乾燥が原因と言える喉の痛みなどから風邪に陥りやすい時期でもあります。保湿ケアとして加湿が大切ですが、こうした対策と同時に水分摂取も重要視しておきたい点で、体内から対策を行うことで風邪をひかない免疫力の高い身体に導くことが可能となっています。

    風邪が流行り出す乾燥した環境においては、喉は勿論ですが鼻の粘膜も乾燥しており、細菌などのウイルス攻撃を受けやすい環境に陥っています。
    予防や対策に水分補給を必要とする理由としては、粘液と一緒に菌を排出する役割を担う線毛と呼ばれる粘膜の乾燥を防ぐことにあります。

  • こまめな水分補給を

  • こまめな水分補給を
  • 喉や鼻の乾燥で粘液が不足してしまうことによって風邪菌の侵入を許してしまいやすくなるため、こまめな水分補給で潤いを与えて予防することが重要です。

    線毛が潤うことで粘液も出しやすくなる魅力があり、老若男女問わずに対策や予防として手軽に利用できる方法の1つです。

    さらに喉が渇いた時に一度に補給するのではなくこまめな補給が大切で、常に身体からは汗や尿などの水分が排出されているために重要視したい点です。

    さらにビタミンCやカテキンなどの有効成分を配合させている清涼飲料水であればさらに効果的な対策と言えますし、風邪をひいてしまった際、食欲不振であっても水分だけはこまめに補うのも大切です。
  • 子どもの風邪の水分補給

  • 子どもの風邪の水分補給
  • さらに乳幼児などの小児の場合、免疫力や抵抗力が成人よりも低いために風邪の症状に陥りやすいのも特徴で、小さなお子さまの場合には体内の水分量が多いものの、尿の濃縮力が未熟であることもあり、排出される水分量も非常に多いのが特徴です。

    さらに熱からくる症状では吐く息からも多くの水分が失われやすい不感蒸泄に陥っていますので、発熱症状の際にはこまめな水分補給が必要不可欠となります。成人同様に水分として補給させる際の飲料には白湯や番茶、果汁や野菜スープなどが適しています。

    さらに乳幼児や小児用となるイオン飲料水なども適しており、身体に必要な成分を補うことが可能です。
    特に言葉が未発達の乳幼児の場合には喉の渇きを伝えることができないため、回数を決めずにこまめに補給させます。飲ませる量も欲しがる量を与えても差し障りはなく、風邪では下痢を引き起こすこともありますが水分量が多いことが原因ではなく、菌を排出している良い過程と言えます。

    下痢の症状の場合にも水分が失われているために水分補給は必要で、カリウムやナトリウムなどの電解質が含まれているイオン飲料水や野菜スープで栄養素を補います。イオン水は乳幼児への吸収率が高い特徴があり、風邪予防や対策にはこうした点も重要視したい事柄です。
風邪予防や対策にはこまめな水分補給
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事