冷えたお茶で水分補給を行うメリットと注意点

冷えたお茶で水分補給を行うメリットと注意点

Thumb?1414295452 muah♪さん

412

水分補給の方法の一つであるお茶の摂取は通常の水よりも吸収率が高く、お茶の殺菌作用によって体調を整えるメリットもあります。


  • 水分補給でお茶を飲むこと

  • 水分補給でお茶を飲むこと
  • 運動な労働などで体を動かし続けたり、高温の場所に長時間滞在すると体温が上昇します。そのため、体温を下げる目的で発汗が生じますが、そのまま放置すると体の水分が減少して脱水症状などのリスクが生じることになります。
    健康状態を良好に維持するためには適度な水分補給が不可欠です。

    水分補給の方法の一つであるお茶の摂取は単に喉の渇きを癒すだけではなく、お茶の殺菌作用によって体調を整えるメリットもあります。
    また、通常の水よりも吸収率が高いことから少ない量で水分補給を行うことが出来ます。
  • 冷えたお茶の飲用

  • 冷えたお茶の飲用
  • 冷えたお茶を飲用することで上昇した体温を適正値まで下げる効果もある他、口当たりの良さから普通の水よりも多く摂取できるようになります。冷えたお茶は常温の物と比べて劣化しにくく、時間をおいても傷みにくいのも利点の一つです。

    そのため、気温が上昇しやすい場所での飲用に特に適しています。体温が適正値に保たれることで発汗も抑えられ、体の水分が減少するリスクを軽減させることが可能になります。

    冷えた飲料水は体に程良い刺激を与えるので新陳代謝が活性化しやすなり、体を動かしやすくなる特徴があることから運動や労働の効率性を大きく向上させる効果があります。
  • 冷えた飲料水の摂取には気を付ける

  • 冷えた飲料水の摂取には気を付ける
  • 冷えたお茶は体に吸収されやすく、体温の急激な上昇を防ぐ効果がある一方で過剰な摂取は却って体調不良を引き起こす可能性がある点を注意します。
    極端に冷たい飲料水は腹痛や下痢などの不具合を引き起こす他、大漁に摂取すると体温が低下して身体機能に悪影響を与えることがあります。

    また、お茶は利尿作用が強いことから過剰に摂取すると排尿の回数が増加してしまうデメリットがあります。そのため、状況によってはお茶は水分補給に適さない場合があります。
    お茶で水分補給を行う際には周囲の環境や発汗量を正確に把握したうえで、自分の体質や健康状態を考慮しながら適量の摂取に留めるように調節する工夫が不可欠になります。

    また、お茶の種類によって体に吸収される効率や利尿作用の強さに違いがあるので、飲用する状況に適した品種を選択することが体に負担をかけずに水分補給を行う条件になります。

    水分補給は発汗量と体内の水分が釣り合うように調節することが大切なので、日頃から適度に運動を行う事で自分の体質を把握することが重要になります。
    特に冷えた飲料水は体への影響が大きいので、少量ずつ変化を加えて自分の体質に適した状態を確認するように心がけます。
冷えたお茶で水分補給を行うメリットと注意点
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事