急性胃腸炎によって嘔吐や下痢がある場合の水分補給

急性胃腸炎によって嘔吐や下痢がある場合の水分補給

Thumb?1414295452 muah♪さん

725

胃腸の病気で嘔吐を伴ったりしていると脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。できるだけ水分補給を行うのが理想です。


  • 胃腸炎のときの水分補給

  • 胃腸炎のときの水分補給
  • 急性胃腸炎をはじめとする胃腸の病気で嘔吐を伴ったりしていると脱水症状を引き起こしてしまうことも珍しくないですが、その場合はできるだけ水分補給を行えるのが理想的です。
    水分補給が足りなったりすると脱水状態も進んでしまいやすくなるため、早めに水分や栄養素を取り入られるのがもっともでもありますが、食事がまともにできない時でも固形物を避けて水分補給を積極的に行うのがふさわしいといえます。

    食事も食欲がなかったりと困難であるとなってくると、飲み込みやすいものを選んでみると摂取しやすいですが、嘔吐の症状があるうちは無理に食事をしてしまうよりも症状が落ち着くのを待ったりと胃腸を休められるのが好ましいです。
  • 医療機関の受診を

  • 医療機関の受診を
  • 激しい嘔吐などの急性胃腸炎の症状を起こしているタイミングでは医療機関で検査を受けると安心ですが、その原因もウイルスや細菌など様々になってきます。
    炎症が続いていたりと嘔吐以外にも痛みが自覚される際は自分自身でも適切に対処できるのが大事ですが、それ以上に症状が悪化しにくくなったりと経過も順調になってくるわけです。
    気になる症状があるなら、記録しておくとわかりやすいですが、医療機関にかかりつけになった時にも説明しやすいからです。

    嘔吐がなくなったり、食欲が戻ってきたと判断してきた時期には完全に改善されてくるまでは刺激が強すぎるものよりも消化のいいものを摂ったりと、何よりも水分補給を第一に考えられるのが望ましいですが、胃腸への負担も少なくできたりと有効です。
  • 焦らずに治療を

  • 焦らずに治療を
  • 急性胃腸によって嘔吐の症状が続いている時には、絶食が基本的になってくるのが一般的なところですが、その症状も長引きにくくなってきたりと治りやすくなります。
    嘔吐や下痢を繰り返していることで体力が落ちてきているのであれば、免疫力が落ちているのもありがちですが、胃腸も荒れやすくなっていたりと身体も弱っている可能性もあるので、注意して過ごせるのが無難です。

    高熱がある場合は、熱を下げたりと体調が安定してくるまで辛抱するのがベストですが、水分補給も通常よりも多めに摂取すると脱水状態を予防しやすいです。
    水分も冷たい飲み物よりも常温で体を冷やさないことを徹底してみるのがいいです。

    衛生面も嘔吐した時点で手や口など汚れてしまったら、着替えや消毒や入念な手洗いで清潔感を保つと感染症などの予防にも役立ってくれますが、焦らずに治療を行えると急性胃腸炎の症状の解決にも導きやすくもなります。
急性胃腸炎によって嘔吐や下痢がある場合の水分補給
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事