赤ちゃんの水分補給での注意点

赤ちゃんの水分補給での注意点

Thumb?1414295452 muah♪さん

392

赤ちゃんは消化機能が未熟であるために、水分補給を行う際は注意点がいくつかあります。


  • 白湯での水分補給

  • 白湯での水分補給
  • 月齢の低い赤ちゃんの場合には母乳や粉ミルクによる栄養補給を行いますが、母乳とは別となる水分補給も必要となります。

    月齢の低い赤ちゃんの場合、消化機能が未熟であるために果汁ではなく白湯を与えることが大切であり、水を沸騰させて人肌程度に冷まして哺乳瓶で水分補給を行いますが、注意点としてはカルキを抜くために沸騰させて作ることにありますし、不純物が含まれていないために作り置きは避けることも大切な点です。

    白湯は成分表示を気にすることなく安心して与えることができるため、汗をかきやすい場面や季節、お風呂上がりの水分補給にも適しています。
    赤ちゃんにとって身体の水分量は豊富であるものの、汗や尿などとして排出される量も多いために回数を決めずに飲みたい量をその都度飲ませることも重要な点と言えます。
  • お茶での水分補給

  • お茶での水分補給

    出典: instagram.com

  • 白湯は母乳同様に赤ちゃんに与える基本となる飲み水であるものの、お茶も水分補給には適しています。

    ですが、ここでの注意点としては消化機能が未熟で未発達であるためにカフェイン配合のお茶飲料は避けることが求められます。消化までに時間をかけることから胃腸などの負担となりやすく、ベビー用のノンカフェインのお茶で水分を補うことが最適です。
    緑茶やほうじ茶などはカフェインが含まれているため、タンポポ茶などのノンカフェイン飲料水を選ぶのが適しています。

    月齢の成長にあわせて果汁や濃い味わいの飲料水を与えるケースもありますが、大量に飲むことによって加糖摂取も心配となるために果汁などの濃い飲料の場合には量を予め決めておく必要があります。
  • 果汁やイオン飲料での水分補給

  • 果汁やイオン飲料での水分補給

    出典: instagram.com

  • さらに果汁はカルキ抜きした水などで薄めることも重要で、風邪などの際の体調が崩れている場合にはビタミン補給として体調を見極めながら与えることで回復を早めることにも繋げられます。甘味がある分、赤ちゃんも大量に飲みたがるために全ての水分補給を加糖に頼ることを避けることも大切な点です。

    同じく電解質飲料と呼ばれるイオン飲料水もベビー用として提供されています。
    イオン水は失われた水分を素早く浸透吸収できる電解質で作られているため、発熱などの風邪症状をはじめ、発汗や脱水症状が現れる前の水分不足を迅速に補うことが可能となっています。
    体内の水分バランスを正常化させる働きのあるイオン飲料水はお腹をゆるくする場合もあるために必要な時と量を決め、それ以外の時には白湯またはお茶などを愛飲させることが注意しておきたい点とも言えます。
赤ちゃんの水分補給での注意点
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事