赤ちゃんの水分補給はこまめに

赤ちゃんの水分補給はこまめに

Thumb?1414295452 muah♪さん

268

赤ちゃんは大人よりも体の機能が未熟であるために、脱水症状を起こしやすく、また、のどの渇きを言葉にできないため、こまめに水分補給してあげるようにしましょう。


  • 水分量が多い赤ちゃん

  • 水分量が多い赤ちゃん
  • 赤ちゃんは体の70%〜80%が水分で出来ています。大人は50%程度です。赤ちゃんが生きていくためには水分が大切だという事がよくわかる比率です。新生児や乳児の肌がプルンとした潤いのある素肌である理由はこのためです。

    しかし、赤ちゃんは毎日体から出ていく水分量も多いです。おしっこやうんちが大人よりも多いことでもわかるように、失われる水分を補うためにこまめに水分補給する必要があります。

    また、赤ちゃんは肝臓の機能が確立されていないために、必要な水分も外に排出してしまうことがあります。「のどが渇いた」「お水ちょうだい」と言えない時期は、ママが体調を見てこまめに水分補給してあげるようにしましょう。
  • 体調を崩したときに飲ませるものは?

  • 体調を崩したときに飲ませるものは?
  • 赤ちゃんは大人よりも体の機能が未熟であるために、脱水症状を起こしやすいです。
    夏の暑い日や熱が出た時などは、水分補給として水を与えるだけでなく、ナトリウムやカリウム・ミネラルなどの溶け込んだイオン飲料を与えて体のバランスを採ってあげることも時には必要です。
    イオン飲料と言うと大人が飲むスポーツ飲料などを思い浮かべますが、赤ちゃんに必要な分量のナトリウムやカリウムなどが入ったベビー用イオン飲料があるので、これを利用するとよいでしょう。

    赤ちゃんの水分補給で親が一番気になるのが、体調を崩したとき・熱を出したときの事だと思います。その病気の症状にもよりますが、高熱が出た場合は、体内の水分が失われてのどが渇きます。
    また、体に大事なイオンが失われると脱水症状を起こしかねません。
    湯冷ましや麦茶、ベビー用イオン飲料をこまめに飲ませるようにします。
    ただし、熱の上がり始めは水分を受け付けないこともあります。無理強いはしないで、子供が欲しがったらあげるようにしましょう。
  • 下痢をした場合などは?

  • 下痢をした場合などは?

    出典: instagram.com

  • 下痢をした場合も、体内の水分補給のためにこまめに水分を与えて下さい。
    牛乳や柑橘系の飲料は絶対にあげてはいけません。牛乳や柑橘系の飲料は下痢を悪化させます。湯冷まし・麦茶、ベビー用飲料を与えます。
    吐いた場合には、吐き気が収まってから水分補給をします。嘔吐後1時間位たってから、水分保有をしましょう。
    また、少量ずつこままめに与えます。大量に与えるとまた吐いてしまう可能性があるので気をつけます。麦茶、湯冷まし、ベビー用イオン飲料、りんご果汁などを与えましょう。

    また、どの症状でも「おっぱい」は与えて構いません。赤ちゃんが乳児である場合は、水などよりもおっぱいしか飲まないこともあります。
    おっぱいの場合も、大量に与えると嘔吐してしまう恐れがあるのでこまめに少量ずつ与えるようにしましょう。
赤ちゃんの水分補給はこまめに
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事