赤ちゃんの水分補給の重要性と対処方法

赤ちゃんの水分補給の重要性と対処方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

297

生まれたばかりの赤ちゃんは体の機能が未熟です。日頃からよく観察したうえで体調の変化を速やかに察知し、適切な対応を取る必要があります。


  • 体の機能が未熟な赤ちゃん

  • 体の機能が未熟な赤ちゃん
  • 生まれたばかりの赤ちゃんは体の機能が未熟なため、毎日の健康管理に細心の注意を払うのが保護者の務めです。特に食事や水分補給は赤ちゃんは自力で行うことが出来ないことから、日頃からよく観察したうえで体調の変化を速やかに察知し、適切な対応を取る必要があります。

    体内の水分が不足すると身体機能に悪影響が及び、脱水症状などのトラブルに見舞われることがあります。
    特に赤ちゃんは体力が少ないため、僅かでも水分が不足すると重大な疾患が生じることがあるため、毎日の授乳の際には健康状態を注意するように心がけます。
  • 赤ちゃんの水分補給と 体に異変が生じた場合

  • 赤ちゃんの水分補給と 体に異変が生じた場合

    出典: instagram.com

  • 一般的には母乳や粉ミルクを適量与えることで必要な水分を摂取することが出来ますが、成長途中の体に対応できるように配慮する姿勢を持つことが大切です。
    水分不足に陥ると肌の状態に異変が生じたり、排泄の量が少なくなることがあります。また、新陳代謝の機能が低下することから倦怠感や体の痛みなどの症状が出るケースもありますが、赤ちゃんは言葉で体調不良を訴えることが出来ないので保護者が状態を正確に把握するように努める必要があります。

    体に異変が生じた場合は速やかに医療機関で検査を受け、適切な方法で治療を受けることが健康維持のための条件です。
    赤ちゃんの水分補給は母乳や粉ミルクによる授乳で賄われるため、成人のように飲料水を別に飲むことは殆どありません。その一方で水分不足による体調不良に見舞われた場合は治療用の薬剤を含んだ専用の飲料水を飲ませることがあります。
    医師の指導の下で適量だけ与えることが体調を回復させるための条件ですが、赤ちゃんの体を冷やさないように薬剤は体温に近い温度に温めておくことが大切です。
  • 保護者が適切に健康管理を

  • 保護者が適切に健康管理を
  • 赤ちゃんの体は成人よりも免疫力や低いことから、僅かな異変でも症状が重篤化する可能性があります。体調を回復させるための投薬も冷たすぎると消化器官が冷えて活動が鈍くなり、水分の吸収率が低下する危険が生じることから注意が必要です。

    水分補給に用いる飲料水は医療機関から処方される物をそのまま与えるように心がけます。市販のジュース類は糖分や塩分などが過剰に添加されている物が多いため、却って体の具合が悪くなる可能性があります。
    また、味覚に強い刺激をもたらす成分が含まれていると喉が渇きやすくなり、過剰に水分を欲しがるようになることから赤ちゃんには与えないのが賢明です。

    赤ちゃんは健康な状態であれば毎日の授乳で必要な水分補給が可能なので、保護者が適切に健康管理を行うことが重要になります。
赤ちゃんの水分補給の重要性と対処方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事