赤ちゃんの水分補給を行う際の注意点

赤ちゃんの水分補給を行う際の注意点

Thumb?1414295452 muah♪さん

274

赤ちゃんの場合は未発達な部分が多い為、水分補給に関しては大人が管理をしていく事が大切です。


  • 身体が未発達な赤ちゃんの水分補給

  • 身体が未発達な赤ちゃんの水分補給
  • 人が生きていく上で水は必要不可欠な成分です。
    人間は水がないと生きていくことはできません。ですから年齢や体質、仕事の内容などにより摂取すべき水分量が書かれている事があります。
    人間はある程度成長してくると自分で水分補給をする事ができるようになりますが、赤ちゃんの場合は未発達な部分が多い為、水分補給に関しては大人が管理をしていく事が大切です。

    成人の場合は体重の約60%が水分からできていますが、赤ちゃんは大人と比べると体の水分量が多くなっています。その水分量は体重の約70%から80%となっており月齢が小さい程体内の水分量は多くなります。

    また水分を摂取しない時間に関して考えると、赤ちゃんは大人の約3倍となっています。例えば大人が2時間水分補給をしなかった場合、約6時間水分補給をしなかった事に匹敵するといった計算です。

    また赤ちゃんは体温も高く不感蒸泄の割合も大人より多いです。また腎臓の機能も未発達なので尿を濃縮させる事ができず薄い尿が出てしまいます。
    ですからこまめな水分補給が推奨されています。
  • 水分をあげるタイミング

  • 水分をあげるタイミング

    出典: instagram.com

  • 赤ちゃんの水分補給はとても大切な事と言われており新聞やテレビでも水分摂取は取り上げられています。しかし水分補給を行う際はいくつかの注意点も挙げられています。

    まず大切な事は大人が管理方法を身につける事です。

    それは日常生活の中で水分をあげるタイミングです。一般的に推奨されているタイミングは汗をかいている時です。
    例えばお風呂あがりや遊んだ後などです。こういった場合は見た目にも汗をかいている可能性が多いので水分をあげることが大切となります。
  • 飲む方法と水分補給の内容

  • 飲む方法と水分補給の内容
  • 二つ目は飲む方法を練習しておく事です。
    赤ちゃんは月齢に応じてできる事も増えていきます。母乳に関しては産まれつき備わっている反射を利用して吸う事が可能になっていると言われていますが、ストローやコップといった道具を使用する場合は練習が必要となります。
    現在は様々な道具が販売されているので個人の成長に合わせた道具の使用が可能となっています。

    三つ目は水分補給の内容です。
    例えば一般的に販売されているジュース類やイオン飲料などは大人の成分となっており赤ちゃんが摂取すると消化機能に影響がでる可能性が高くなります。ですから大人が飲む飲料を使用する場合は濃度を薄める事が大切です。
    また現在は赤ちゃん向けの飲料も数多く販売されているのでそういった製品を利用する事もできます。

    適切な水分補給を行う事は赤ちゃんの体調管理にも大切な要素となっています。
赤ちゃんの水分補給を行う際の注意点
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事