下痢の時は水分補給を行い、脱水を防ぐ

下痢の時は水分補給を行い、脱水を防ぐ

Thumb?1414295452 muah♪さん

347

下痢は日常生活の中でも頻繁に起こるものですが、下痢になると体内の水分が急激に失われます。下痢が起こったら速やかに吸収率の高い水分を摂取する必要があります。


  • 日常生活の中でも頻繁に起こる下痢

  • 日常生活の中でも頻繁に起こる下痢
  • 下痢は日常生活の中でも頻繁に起こる消化器症状の一つです。下痢は様々な原因で起こり、一旦症状が現れると腹痛や排便が数回に渡って続くことがあります。

    こういった場合には、固形物や胃腸を刺激するような食物は極力避ける必要がありますが、水分補給は心して行なうことが必要になるのです。
    下痢になると体内の水分が急激に失われます。内臓機能に必要な体液を一気に失うことになるため、時に脱水などの症状が現れることもあるのです。

    このような問題を避けるためには、下痢が起こったら速やかに吸収率の高い水分を摂取する必要があります。
  • 水分補給をする際のコツ

  • 水分補給をする際のコツ

    出典: instagram.com

  • 失われた体液を補うためには、体液の組成に近い水分を補給することが、効率の良い水分補給のコツです。

    このようなケースで利用出来るのが、市販の経口補水液です。こういった経口補水液は、体液と似た組成であるため、より早く体に吸収されるというメリットがあります。従って、脱水を予防するためには積極的に活用したい飲料となるのです。

    又、スポーツドリンクも脱水対策には有効とされています。適度な塩分や糖分が含まれた飲料を摂取することが、脱水を予防するためには必要となるのです。
    このような工夫をすることで、下痢で起こるトラブルを最小限に食い止めることが出来ます。
  • 脱水症状になってしまったときは

  • 脱水症状になってしまったときは
  • 脱水は気がつかないうちに進行していることがあります。特に下痢の場合には本人が症状を軽く見ていることも多く、適切な水分補給が行なわれないことも多々あるのです。

    脱水が起こると唇が乾燥し、吐き気などの症状が現れます。尿量が減るなども脱水になった場合にはよく起こる症状です。
    例えばこういった症状が現れた場合には、速やかに適切な水分補給を行なうことが大切になります。
    飲料などの水分を受け付けない場合には、早目に医療機関を受診して点滴などの処置を行ってもらうことが必要になるのです。

    真夏には特にこういった脱水が起こりやすいとされています。水分は汗としても排出されますので、体内の水分量はさらに減少してしまう訳です。
    又、冬場に流行する感染性の胃腸炎に感染した場合にも、数回に渡る下痢や嘔吐によって脱水が起こる可能性があります。高齢者の場合には、体の水分が失われることによって血液の粘度が高まり、脳梗塞や心筋梗塞などを誘発することもあるため特に注意が必要になるのです。

    下痢や胃腸のトラブルは突然起こることが多いです。従って、日頃から経口補水液などを家庭に常備しておくことが、速やかな対処をするためには重要となるのです。
下痢の時は水分補給を行い、脱水を防ぐ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事