適切な水分補給で下痢を克服

適切な水分補給で下痢を克服

Thumb?1414295452 muah♪さん

470

下痢が起きたときには原因をしっかりつきとめ、それに合う適切な対処法をすることが求められます。


  • 下痢が起きたときは

  • 下痢が起きたときは
  • 下痢が起きたときにはその原因について調べることから始めたほうがいいのです。そうすれば適切な対処法をすることできます。
    お腹がごろごろして軟便になったり、水便の症状になったからといってすぐに下痢止剤をすぐに飲まないほうがいいのです。薬を飲んですぐにでも治した方がいいのではと思うのは間違いなのです。

    腸の水分量が通常の量よりも増えてしまうと起こるのが下痢なのです。腸は体の水分を吸収する働きをします。小腸は、一日に8L、大腸で1Lの水分を吸収するのですが何らかの理由で吸収できなくなると起こってしまうのです。
  • 下痢になる原因

  • 下痢になる原因

    出典: instagram.com

  • 食事や飲み物の内容が悪いと腸の水分吸収ができなくなる場合があるのです。浸透圧が高い食べ物を多く摂りすぎると腸が水分を吸収できなくなるのです。

    暴飲暴食やアルコールの摂り過ぎで下痢になるのは、食べたものが消化吸収されずに水分過剰になります。そのために軟便になったり、水便のようになるのです。
    牛乳を飲んだだけで下痢の状態になることも、この浸透圧との関係があります。牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素は小腸から分泌されます。この酵素の分泌が年齢とともに減少していくため、乳糖を分解することができなくなるのも原因となります。

    下痢になる原因はさまざまあります。あまり続くようであれば病院にいって調べることも大切ですが、意外と水分補給をすることで改善することがあるものです。
  • 薬を飲むことで症状がひどくなるケースも

  •  薬を飲むことで症状がひどくなるケースも
  • 強いストレスや冷えからも腸の水分量の調節が出来なくなる場合があります。
    生ものや少し古い食べ物を食べた場合には食あたりや食中毒になってしまってもお困ります。こういう時には薬を飲んで治そうとしないほうがいいのです。
    下痢の原因がウィルスの感染のために起こっている場合には便といっしょにウィルスを出して体を守ろうとしていることになります。

    薬を飲むことで反対に症状がひどくなるケースがあるのです。
    この状態になった時には、水分補給をして様子をみるか、病院にいってウィルスかどうか調べて治療したほうがいいでしょう。ノロウィルスが流行っていて、下痢と発熱、おう吐があるようであれば感染している可能性もあると考えた方がいいでしょう。
    反対に、発熱やおう吐がない場合には水分補給を十分に行い安静にしているだけで快方に向かっていく場合があるものです。

    刺激のある食品を避けて、消化のよい食品を摂るようにすることも大切です。
    高齢者が下痢になった場合には、周りの人が水分を摂るように声をかけることが大切です。
適切な水分補給で下痢を克服
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事