下痢になった場合の水分補給の重要性と治療方法

下痢になった場合の水分補給の重要性と治療方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

362

下痢は、体内の水分が体外へと出てしまいますので、当然水分を補給しなければなりません。水分補給の方法と治療方法をお伝えしていきます。


  • 水分補給の方法

  • 水分補給の方法
  • 下痢と言いますと、様々な原因がありまして、食あたりによるものや、ウイルス性の
    ものまでありますので、その症状によって治療方法も異なってきます。
    ウイルス性やそうでない場合の下痢に共通するのが、水分補給です。
    下痢は、体内の水分が体外へと出てしまいますので、当然水分を補給しなければなりませんが、ただ水分を補給するのではなく、体外へと出てしまった電解質が失われておりますので、同時に補給をしなければなりません。

    電解質とは、ナトリウムやクロールという物質で、体内のバランスを保持しまして体の調子を整える働きをしております。ナトリウムは塩ですので、お水に少量の塩を入れて飲むことで、電解質の補給ができるという事です。
    市販されているイオン飲料にも塩分は含まれていますが、塩分より糖分の方が多いですので、できればお水に少量の塩の方がいいようです。

    簡単な作り方としまして、湯さまし1リットルに砂糖40グラム、食塩3グラムで後はよくかき混ぜて飲みやすい温度に調整して飲んで頂くといいです。
    また、飲みやすくするために、果汁を少し入れることで、飲みやすくなりますので、手軽に作ることができます。味噌汁の上澄みでも効果はあります。
  • 抗生物質による治療方法

  • 抗生物質による治療方法
  • これまでは、下痢の水分補給についてですが、これからは治療方法につきまして、少しご説明したいと考えております。

    主にウイルス性の下痢の治療方法には、抗生物質が効果的とされております。抗生物質は、ウイルス性の原因が特定されるのが疑われる場合に限り推奨される事があります。

    抗生物質には、様々な種類があり、その時々の症状によりまして、薬を選択して治療をする方法があります。
    また、腸管の運動を抑制する薬もありますが、この薬は様々な合併症を引き起こすとされておりまして、ある一定の基準に満たない方の投与はできないことになっており特に子供への投与は推奨されていません。発熱や血性下痢には不向きとされております。
  • 食事で治していく

  • 食事で治していく

    出典: instagram.com

  • 一番身近な治療方法は、やはり食事です。

    食事は、生きていくうえで必要なもので、ある程度落ち着いてきた頃に食事を始めていきまして、少しずつ回復していきます。
    なるべく消化のいい食べ物がいいようですが、最近ではあまり消化にこだわりがなくなりまして、水様便ではなく軟便くらいでしたら、厳しい食事の制限は今ではあまりしなくなってきております。
    大まかにデンプンなどの糖類などがいいとされており、うどんやおかゆなどが一番いいようです。
    ご飯類ですと、便を固める役割がありますので、積極的に摂取したいものです。
下痢になった場合の水分補給の重要性と治療方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事