疲労回復に効果的な水分補給

疲労回復に効果的な水分補給

Thumb?1414295452 muah♪さん

599

水は飲み方次第で、疲労を回復させることが可能となります。ここでは疲労回復効果のある水分補給の仕方について、ご紹介します。


  • 疲労回復効果のある水分補給

  • 疲労回復効果のある水分補給
  • 疲労回復効果のある水分補給の仕方について、ご紹介します。
    水は、私たち人間の体の60%〜70%を占めています。そして、水は飲み方次第で、疲労を回復させることが可能となります。1日に必要な水の量は、2リットルといわれています。食事などからも水分は補給されますので、水そのものは1.5リットルを目安に飲むことをおすすめします。

    水を飲む時は、たくさんの水を一気に飲むという飲み方はNGとなります。20分〜30分おきに、口を湿らせる程度の水分補給をすることが、疲れを回復させる効果的に水の飲み方となります。
    ポイントは、喉が乾いてから飲むというのではなく、なるべく喉が乾いたと思う前に、コップ1杯の水を飲む飲み方となります。その際の水の温度は、なるべく常温で飲むようにしましょう。冷たい水は、身体を冷やしてしまい、筋肉もかたくなってしまいますので逆効果となります。
  • 血液濃度を薄めること

  • 血液濃度を薄めること

    出典: instagram.com

  • 前述しましたように、筋肉が硬くなった状態では、疲労回復効果は期待することができません。栄養や酸素は、筋肉を通って全身に運ばれるからです。ゆえに、筋肉がかたいと、栄養も酸素も十分に全身に行き渡りません。新陳代謝も低下してしまいますので、老廃物など不要なものが、身体に蓄積されてしまいます。 

    栄養や酸素を体のすみずみまで運ぶのは、血液の役目となります。
    そして、その血液の80%は、水分でできています。血液中の水分が不足した場合には、血液がドロドロの状態になってしまい、血液の流れも悪くなってしまいます。その状態では、全身に栄養も酸素も運ぶことはできません。
    血液濃度を薄めると、血液がサラサラになって、全身に栄養や酸素が行き渡るようになります。効果的に血液濃度を薄める方法は、水を飲むということになります。
  • 夏の冷たいビール

  • 夏の冷たいビール

    出典: instagram.com

  • 暑い夏は、冷たいビールが最高です。汗をかいて喉が乾いたところに、冷えたビールは最高なのですが、喉が乾いているということは、体の水分が減っているということであり、体の水分が減っているということは、血液中の水分も不足しているということになるのです。つまり、血液がサラサラした状態ではないということです。
    その状態で冷えたビールの飲んだとしても、血液中には水分は補給されません。ビールの飲む前には、できれば常温の水を、コップ1杯飲むようにしましょう。それだけでも血液中に、水分が補給されますのでおすすめします。

    水は、血液循環を良くしたり、体の中の多くの機能がうまく働くために、不可欠な重要な役目を持っています。
疲労回復に効果的な水分補給
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事