緑茶で水分補給して風邪を予防

緑茶で水分補給して風邪を予防

Thumb?1414295452 muah♪さん

707

空気が乾燥した季節は風邪をひきやすく、風邪を引いたときはこまめに水分補給をするようにします。


  • 風邪をひいたときは水分補給を

  • 風邪をひいたときは水分補給を
  • 秋から冬にかけて空気が乾燥した季節は風邪をひきやすい季節となります。空気が乾燥しているためにウィルスが鼻から入ってしまい付着して増殖するのです。増殖したウィルスが鼻の粘膜を傷つけるために風邪をひいてしまうのです。
    最初は、咳だけだったものがひどくなると痰やおう吐、下痢などの症状が出てきてしまいます。
    このような状態になると脱水症状となってしまうので水分補給をすることが大切です。風邪を引いたときはこまめに水分補給をするようにします。

    体力が消耗している時は、お茶や水よりも電解質が含まれている水分のほうが望ましいのです。しかし、普段からスポーツドリンクなどを常飲していると糖分も含まれてるので太ってしまうことになります。スポーツドリンクは、体が消耗している時とスポーツをした時に飲むようにします。
  • 風邪予防に緑茶

  • 風邪予防に緑茶
  • 体力がある時は、むしろ緑茶を普段の飲み物にすることで風邪予防になるのです。最近は、緑茶に対して様々な健康効果が確認されとても注目されている飲料なのです。
    紅茶、ウーロン茶、緑茶はみな同じ茶葉から作られたものですが、その製造工程でお茶から得られる健康効果はみな異なるのです。

    風邪予防のためであれば、緑茶が一番効果的といえます。
    緑茶には、カテキンというお茶の渋みであるポリフェノールの一種が含まれています。このカテキンの作用は、血中コレステロールの低下、体脂肪低下作用、がん予防、抗酸化作用、虫歯予防などの効果効能があると研究の結果から判明されたのです。
    緑茶には、抗菌作用がありO-157や胃がんの原因ともされるピロリ菌などを抑制するのです。細菌そのものを殺す効果もあるとも言われています。インフルエンザ予防にも効果があるのです。
  • 緑茶による効果

  • 緑茶による効果

    出典: instagram.com

  • ウィルスにはトゲがあるとされ、またカテキンにもトゲが確認されているのです。このトゲ同士が絡みあって吸着することによりウィルスを除去すると言われているのです。
    普段の飲み物を緑茶にすることで水分補給となり、風邪も予防することができるのです。風邪予防だけではなく、虫歯予防や生活習慣病の改善などのためにも常飲するようにしたいものです。

    出がらしの緑茶でうがいをすることも風邪予防にとても効果的であるのです。お茶の産地である静岡県の小学校では、お茶でうがいを日常的に行っている学校があります。静岡県の小学校では、風邪で休む子供が少ないと言われています。
    ただし、お茶にはカフェインが含まれているので夜には飲むと眠れなくなることがあります。
緑茶で水分補給して風邪を予防
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事