休憩時にコーヒーでの水分補給による効果

休憩時にコーヒーでの水分補給による効果

Thumb?1414295452 muah♪さん

498

仕事や勉強の休憩、登山などのレジャーにコーヒーを飲んで水分補給する方は多いと思いますと思いますが、様々な効果のあるコーヒーは水分補給にも有効なようです。


  • リラックス効果のあるコーヒー

  • リラックス効果のあるコーヒー
  • 仕事や勉強の休憩、登山などのレジャーにコーヒーを飲んで水分補給する方は多いと思います。

    ある実験で、挽いたコーヒー豆・レモン油・蒸留水の3つの香りをかいでもらい、リラックスした状態のときに出るアルファ波を測定してリラクゼーション効果を測る実験が行われました。

    結果は、挽いたコーヒー豆をかいだときが最もリラックスできるという結果が出ました。遠い昔、薬草として利用されていたことも頷けます。
    少し疲れたときに、コーヒー休憩を取ることで、疲れが取れて仕事が一段とはかどります。
  • 脳の働きを活性化させる

  • 脳の働きを活性化させる
  • また、認知能力や情報処理といった頭の回転を測る実験でもコーヒーの香りが、最も脳の働きを向上させるという結果が出ました。
    コーヒーの香りは脳の働きを活性化させ、作業の効率を格段に上げることが分かったのです。
    仕事のストレスなどでイライラしたり、やる気が起こらず無気力になることがあると思います。そのようなとき、カフェインが体を活性化させて、ストレスを緩和させる効果があります。ダイエット時の運動前に、1杯飲むことで運動量を上げてくれます。

    リラックスしながらも、脳の働きを活性化させるという、一見では相反する事象がコーヒーが持っている力なのです。
  • 水分補給にも最適

  • 水分補給にも最適

    出典: instagram.com

  • 暑い夏の時期などは特にのどが乾くことが増えます。人間は体重の60バーセントが水分なので、体重50キロの人は1日に約2リットルの水分補給が必要だといわれています。
    コーヒーには、水分補給というところでも重要な役割を果たしてくれます。夜寝ている間に、体は疲労成分を代謝し、腎臓から老廃物を排泄します。排泄するためには、適度な濃度に薄めるために水分が必要なのですが、夏場は汗として排出してしまうので夏バテに繋がることが多くなります。
    コーヒーを飲むことで水分補給が行える他、腎機能の活性化や善玉コレストロールを増やすことができます。
    しかし、砂糖やシロップを入れすぎたり、過剰な摂取には注意することが大切です。
  • 強力な抗菌作用も

  • そして、実は強力な抗菌作用もあることはご存知ですか。胃潰瘍に効果的であり、悪性のピロリ菌を死滅させたり、細菌の増殖を防ぐ働きがあります。
    さらに、老化防止の効果もあります。成分に入っているクロロゲン酸がニトロソアミンの生成を抑えて亜硝酸を分解したり、老化の原因である活性酸素を、細胞膜を酸化させて除去してくれます。

    これだけ多くの効果がありますので、摂取量には気を付けながら水分補給に、休憩に、やる気を出すときなどに飲んで頂きたいです。
休憩時にコーヒーでの水分補給による効果
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事