水分補給の豆知識、麦茶と緑茶

水分補給の豆知識、麦茶と緑茶

Thumb?1414295452 muah♪さん

1006

夏場に気になるのが、暑さなどによる熱中症や脱水症状です。ここでは水分補給をする時の豆知識についてお話しします。


  • 水分補給に効果的な飲み物

  • 水分補給に効果的な飲み物
  • 水分補給をする時の豆知識についてです。
    大麦は体を冷やす効果があるので夏は麦茶がよいでしょう。

    水分補給なら、水や麦茶などの「ノンカフェイン飲料」がよいと言われています。ノンカフェイン飲料とは、麦茶、水、ほうじ茶、スポーツドリンク、ミネラルウォーターなどです。

    人は寝ている間に汗をかくため、朝1番は水分が不足気味です。朝起きてトイレにいったらいっぱいのお茶か水を飲むとよいでしょう。

    熱中症対策には塩分を含むスポーツドリンクがよいでしょう。汗をかくことで、塩分や水分が同時に失われます。こまめに水分補給をするとよいでしょう。
  • 水分補給に向いていない飲み物

  • 水分補給に向いていない飲み物
  • そして水分補給に向いていない飲み物は緑茶やウーロン茶などの「カフェイン飲料」です。
    カフェインには利尿作用、覚醒作用、リラックス効果などがあげられます。利尿作用は水分が留まらないという問題がおこります。
    カフェイン飲料とはコーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶などがあります。ビールも大いに問題ありです。こちらも強い利尿作用があります。

    なので、効果的な水分補給をするにはスポーツドリンクが一番オススメなのです。
    が、スポーツドリンクには糖質が多く含まれていてカロリーも決して低くはありません。敬遠したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    もし、お茶で水分補給したい場合は麦茶などのカフェインが含まれていないものを選んでください。
    ただし、麦茶では塩分やミネラルを補給できません。なので、塩を少し舐めてから麦茶を飲むとよいでしょう。

    水分補給は少しずつ噛むように飲むとよいです。一気にがばがは飲んでしますと血液には吸収されず排泄されてしまいます。
    成人が一日に必要な水分は2000〜2500mlです。このうち飲料水として摂り入れるのは800〜1300mlといわれています。
  • 緑茶のもつ効果

  • 緑茶のもつ効果

    出典: instagram.com

  • 水分補給にはノンカフェインの麦茶などがよいと言われていますが、緑茶にも効果がたくさんあります。
    ひとつは脂肪燃焼効果が高いことです。運動前などに飲むと効果的です。
    緑茶は水分補給には向いていないものの、

    心臓を守る、
    免疫力アップ、
    肥満撃退、
    ボケ防止、
    糖尿病予防、
    コレステロール値の低下、
    記憶の向上、
    ガン予防、
    食中毒の予防、
    虫歯予防、
    動脈硬化や脳卒中予防、
    血圧降下予防、
    口臭予防、
    眠気覚まし、
    成人病予防、
    ストレス解消、
    二日酔い、
    集中力の持続

    といったたくさんの効果があります。
    個人差がありますが体にはとてもいい飲み物だということがわかります。
水分補給の豆知識、麦茶と緑茶
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事