熱中症に効果的な水分補給

熱中症に効果的な水分補給

Thumb?1414295452 muah♪さん

215

熱中症は、夏の暑さに体が対応できずにめまいや立ちくらみ、頭痛、嘔吐、体温の上昇、体に力が入らない、意識が朦朧とするなどの症状が出ます。熱中症の予防として最も効果的なのがこまめな水分補給です。


  • 熱中症とは

  • 熱中症とは
  • 熱中症とは、夏の暑さに体が対応できない適応障害であり、その患者は年々増加傾向にあります。

    主な症状として、めまいや立ちくらみ、頭痛、嘔吐、体温の上昇、体に力が入らない、意識が朦朧とするなどがあり、最悪の場合死に至るケースもある恐ろしいものです。
    炎天下の下で運動や作業をしている人が発症することもあれば、高温多湿な屋内で発症することもあり、様々なシチュエーションで様々な年代の人が陥る可能性があることから、近年熱中症に対する意識も高まっており、予防対策についてや発症してしまった場合の対処法などについての関心も非常に高まっています。

    主な要因としては急に気温が上がった日や高温多湿で無風などの気候条件とともに、エアコンをつけずに窓も閉め切った状態の部屋などもとても危険です。高齢者や幼児が引き起こしやすいことも特徴の一つです。
  • こまめな水分補給で熱中症の予防を

  • こまめな水分補給で熱中症の予防を
  • 熱中症を予防するために日頃から心がけておくべきことはいくつかあります。
    暑い日はなるべく外出を控える、屋内では風通しよくエアコン等で気温をコントロールする、体の熱を逃がす涼しい服装をする、帽子や日傘で直射日光を避ける工夫をするなど外的なアプローチとともに、体内からのしっかりとしたケアが重要になってきます。

    まず熱中症の予防として最も効果的なのがこまめな水分補給です。
    水分不足のために脱水症状を起こし、それが熱中症への引き金になってしまうのです。日常生活の中でも水分不足に陥りやすい状態というのはよくあることです。単純に水分をとっていないときや、お酒を飲んだとき、体調が悪く下痢や嘔吐で水分を排出してしまうときなどがあります。
  • 適切な水分補給方法

  • 適切な水分補給方法
  • とくに夏場はその暑さによる発汗で常に水分不足から脱水状態になりやすい環境にあります。意識的に水分補給を心がけなければなりません。一度に大量に水分を摂取するのではなく、少しずつこまめに何度も摂取することに効果があります。
    生活の中で水を飲むタイミングを決めておくと良いでしょう。

    成人が一日に摂取すべき水分量は約2リットルとされています。それは尿や汗により一日に約2リットル水分が排出されるということでもあります。
    喉が渇いたと感じた時には既に体内で水分不足が起こっている可能性が高いので、そう感じる前に、常にこまめに水分補給をすることが大切です。喉が渇いていないからといって水分補給をしないというのはとても危険なことなのです。
    朝起きて一杯、食事ごとに一杯、入浴後に一杯などと飲む時間を決めておけば2リットルなんてあっという間にクリアしてしまいます。

    熱中症の予防として普段から効果的な水分補給を心がけたいものです。
熱中症に効果的な水分補給
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事