嘔吐が伴う脱水症状が出たら水分補給をして解消

嘔吐が伴う脱水症状が出たら水分補給をして解消

Thumb?1414295452 muah♪さん

3976

下痢や嘔吐といった脱水症状がなりやすい症状が現れたとき、どんなことに気を付けて水分補給をしたらよいのでしょう。


  • 下痢や嘔吐といった脱水症状がなりやすい症状

  • 下痢や嘔吐といった脱水症状がなりやすい症状
  • ヒトの身体は、成人男性なら約60%が体液と呼ばれる水分で占められています。健康な状態であれば、口から取り込む水分量と汗や尿、便意などで排出される水分量がバランス良く調節されて体内の水分量は一定に保たれています。
    加えて、体内の水は真水の状態ではなく、K(カリウム)やCa(カルシルム)、Na(ナトリウム)といった電解質やブドウ糖などが溶けて融合された溶液として存在しています。

    発熱すると呼吸が荒くなって、呼吸により大量の水分が奪われます。身体が次第にだるくなり、食欲も著しく落ちてしまい、口から入る水分量も激減していきます。

    この結果、体内に入る水分量と体内から排出される量のバランスが崩れてしまい、水分不足による脱水状態に陥ってしまうのです。下痢や嘔吐といった脱水症状がなりやすい症状が重なる場合は、早めに病院に行って診てもらった方が、予想外の危険な症状から回避ができます。
    特に小さな子供は合併して症状が出ると、大人よりもダメージが大きいので可能な限り早期に病院に連れて行きましょう。
  • 下痢や嘔吐に適した飲み物

  • 下痢や嘔吐に適した飲み物
  • 次に嘔吐についてですが、大人が、1日あたり1500から2500mlの胃液が分泌されて、多くは腸内より吸収されて、再び体内に戻ります。嘔吐が繰り返し起こると、胃液が口から体外に出てしまいますし、胃液には電解質も多く含まれているので水分と電解質のバランスが共に崩れていきます。

    嘔吐感があるのは、胃酸過多の症状が出ている可能性も考えられますから、梅干などのクエン酸を含む食べ物を白湯やスポーツドリンク、イオン水と一緒にして召し上がるのも効果が期待できます。

    また、下痢になると、水分補給を止めてしまう人もいますが、腸の働きは、胃から流れてきた水分を含んだ消化物から必要とされる水分や栄養素をじっくりと時間をかけて吸収する事です。そもそも下痢の症状が生じると水分も栄養素も吸収ができないまま便として排泄されてしまいます。つまり、身体の中が空っぽなのにも関わらず脱水状態になっているのです。
    下痢になった時は、温かい飲み物が適していますが、電解質を含んだ飲み物、例えばスポーツドリンクが良いと考えられます。
  • 乳幼児の場合

  • 乳幼児の場合
  • 乳幼児の場合は、赤ちゃん用のイオン水が、ナトリウムやカロリーが少ないので、電解質のバランスの調節も解消されて水分補給もできます。
    少ないとは言えカロリーもありますので栄養補給にも役立ちます。喉が渇く前に飲ませましょう。

    ノロウィルスやロタウィルスは、発症後、長くても1週間ほどで徐々に症状が回復しますので、徐々に水分の補給する量を増やしていきましょう。
    水分量については飲めるのでしたらできるだけ与えた方がよいのですが、吐き気が続く場合は、逆効果なので、僅かな量の水分を回数を多めにして提供するのが望ましいです。
嘔吐が伴う脱水症状が出たら水分補給をして解消
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事