嘔吐や下痢で水分補給できない時は点滴治療も

嘔吐や下痢で水分補給できない時は点滴治療も

Thumb?1414295452 muah♪さん

1615

嘔吐や下痢を繰り返してしまったりと脱水症状を起こしている場合、少しずつ水分補給を行い、回復させていきましょう。


  • 脱水症状を起こしている場合の水分補給

  • 脱水症状を起こしている場合の水分補給
  • 嘔吐や下痢を繰り返してしまったりと脱水症状を起こしているケースでは、まず水分を補給できるのが必要不可欠でもありますが、無理の無い程度で行えるのが適切です。
    スポーツドリンクやゼリーなど口当たりが良かったりと飲みやすいものから水分を補うのも可能になってきますが、そのほかにもミネラルをはじめとする栄養素を補給すると応急処置にもつながりやすくなります。

    一気に水分補給をしてしまうよりも少しずつ飲むと胃腸にも刺激を与えにくいですが、回復するまでは安静にして過ごすと症状も改善しやすくなってくれるわけです。
    嘔吐した直後は、うがいでくちの中を衛生的に保ってみると清潔にしやすいですが、水分補給をするのも吐き気がなくなってきたタイミングがちょうど良くなってくるのが一般的です。
  • 症状がひどい場合には医療機関へ

  • 症状がひどい場合には医療機関へ
  • ただし、衰弱していたりと自力で水分補給ができないとなってくると医療機関で点滴などの治療を受ける方法もありますが、嘔吐や下痢が止まらなかったりとあまりにも症状がひどくなっている場合には早めにかかりつけの病院やクリニックなどに行くのが正しいといえます。

    緊急時であれば、夜間や時間外診療などの治療も受け付けてくれるところを探すのもとても大事な点です。医療機関で点滴治療を受けた際も症状によっては入院を必要とされることも少なくないですが、その病院やクリニックの対応次第でもあるものです。

    その原因になってしまった病気を治すのが大切になってきますが、嘔吐や下痢を伴ってくるとその原因を検査してもらったりと調べてもらえるのが一番です。
  • 医療機関で適切な処置を

  • 医療機関で適切な処置を
  • 受診した医療機関の指示に従うのが先決ですが、食事や水分が摂取できなくなっているほかに動けなかったりと症状が重症化しているとされる時は必要な治療を受けるのがふさわしいです。入院をせずに日帰りでの治療であったとしても、症状が軽減されたりと完全に体調が元に戻るまではその治療に専念できるのが欠かせなくなってきます。

    点滴治療が終わってからも急に起き上がらずに休憩をとったりと身体に負担をかけないのがいいことですが、より治療もスムーズになってくるからです。

    軽度の脱水症状などの一時的な症状であったりすると、点滴で水分補給をして時間もあまりかけずに治すのも珍しくないですが、脱水症状が解消されると快方に向かっていく可能性も高いです。
    嘔吐や下痢の症状が数日経過してもずっと続いているなら、また医療機関で診察をしてもらうとわかりやすいです。
嘔吐や下痢で水分補給できない時は点滴治療も
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事