ノロウイルス感染時の嘔吐に対する水分補給の方法

ノロウイルス感染時の嘔吐に対する水分補給の方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

342

ノロウイルスに感染したとき、体内から水分・電解質が失われて脱水症状に至ることもあり、注意が必要です。どういった水分補給をするべきなのでしょう。


  • ノロウイルス感染による脱水症状

  • ノロウイルス感染による脱水症状
  • ノロウイルス感染による急性胃腸炎が示す典型的な症状は激しい下痢や嘔吐である。
    これらは、胃腸内の内容物が無くなった後も持続し、俗に言う「米のとぎ汁の様な」水性の下痢や「胃液のみ」の嘔吐が見られることもしばしばである。
    そのため、体内から水分・電解質が失われて脱水症状に至ることもあり、注意が必要である。

    脱水の症状は一般に、四肢に力が入らないなどの脱力感や全身の倦怠感、また眠気や頭痛などが知られており、これらの症状が出現した場合はすでに脱水症状が発生していると看做して早急に水分補給を行わなくてはならない。

    特に幼児や高齢者では体力の損耗が激しく、急速に全身状態が悪化する危険があるため、このような事態となる前に水分補給を行うように努めるのがより望ましい。
  • 脱水症状の種類

  • 脱水症状の種類
  • しかし、脱水症状にもいくつかの種類が存在し、さらに水分補給の方法も唯一ではないためノロウイルス感染時の水分補給については多少の注意が必要である。

    例えば、通常時の水分補給と同じ感覚で冷たいスポーツ飲料などを摂取すると胃腸炎によって過敏になった消化器官を刺激してしまい嘔吐を引き起こす原因となりうる。
    以下では、脱水症状の種類と水分補給の方法について考える。

    まず脱水の種類である。脱水症状は「水分が多く失われるもの」と「電解質が多く失われるもの」に大きく分けることができる。前者については水分の吸収を十分に改善させられれば快方するが、後者では不十分である。こちらはナトリウムを始めとした電解質を水分と同時に補給する必要がある。
    ノロウイルス感染症による脱水の場合は基本的に後者であり、水分補給は電解質補給を考慮することとなる。
  • 水分補給の具体的な方法

  • 水分補給の具体的な方法
  • 具体的な方法としては、患者に水物を口に入れる体力がある場合には経口摂取を行う。
    このとき口にさせるのは真水ではなく、4%程度の塩分を含有させた食塩水や、手元にあればスポーツ飲料などを余り冷やさずに少量ずつ飲むようにしたい。これらは体液の組成に近い成分であるため、単純に水を飲むよりも速やかな水分補給が行われる。

    ただし、のどの渇きがあるからといって一度に多量を飲むと前記の様に余計な嘔吐を引き起こしかねないので慎重になるべきである。

    また、症状が重く、水物も受け付けられない様な時には医療機関で点滴を行うことも考えたい。
    こちらは胃腸の刺激も無く、ほぼ最良と言えるが、ノロウイルスの流行時に速やかに受診できるとは限らないのでまずは自力の対処を試みたい。

    以上のように適切な水分補給を行えば、苦しみを緩和し、回復を速めるため、ノロウイルス感染に備えて予め手筈を用意しておきたい。
ノロウイルス感染時の嘔吐に対する水分補給の方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事