ダイエットや水分補給としての水素水

ダイエットや水分補給としての水素水

Thumb?1414295452 muah♪さん

417

水素水とは、水素分子が溶け込んだ水のことで、活性酸素を無害化するので、アンチエイジングの効果があると言われています。


  • 水素水の効果

  • 水素水の効果
  • 近年、「水素水」という言葉をよく耳にします。

    水素水とは、水素分子が溶け込んだ水のことです。これが、活性酸素、特に人体に有害なヒドロキシラジカルを還元し、無害な水にすると考えられています。
    活性酸素は、細胞の酸化・老化や遺伝子の損傷を引き起こし、生活習慣病の原因となり、血液をドロドロにし、血行や代謝を阻害するとされています。

    水素水は、その活性酸素を無害化するので、アンチエイジングの効果があると言われています。また、血液をサラサラにし、血行を良くすることで代謝をアップし、同時に老廃物の排出も促進し、細胞を若々しく健康な状態に戻すことによって、ダイエットの効果もあると考えられています。
  • 分子が小さい水素

  • 分子が小さい水素

    出典: instagram.com

  • しかし、現在市販されている水素水は、その濃度や保管方法など様々で、注意が必要です。
    というのは、水素分子はもっとも小さい分子なので、すぐに水素水から逃げてしまうからです。
    例えばペットボトルに保管すると、封を開けなくても、ペットボトルの壁から水素分子が抜けてしまいます。また、開封して空気に触れた状態で数時間たつと、水素が抜けてしまいます。
    効果的な水素水の飲み方は、小分けしたアルミパウチなどで保存し、開封したらすぐに飲むことです。

    このように健康とダイエットに効果があるという水素水を、効果的に補給するにはどうすれば良いでしょうか。
  • 水素水を飲むときのポイント

  • 水素水を飲むときのポイント

    出典: instagram.com

  • まず、適切な摂取量ですが、1日に1.5L前後が適量です。大量に飲むのも大変ですし、飲みすぎると胃液が薄まったりして、消化器に対して負担になります。

    また、一度に飲む量も重要で、100〜200mLが適量です。一度に大量に飲んでも、吸収できないので、少量ずつ、回数多く飲む必要があります。

    飲むのに適した温度は、常温か、やや冷えた温度です。冷えすぎると、胃腸が負担になり、吸収が悪くなりますし、加熱すると、水素が抜けてしまいます。

    飲むタイミングですが、まず朝起きた時は、一番体が脱水状態ですので、朝に飲むのが、水分補給として効果的です。そして、食事前の空腹時も吸収が良いので、食事前や食事中に飲みます。
    体を動かしたり運動するときも、飲む必要があります。汗をかくときは、30分に1回は水分補給する必要があります。同様に、入浴後に水分補給をする必要があります。運動や入浴によって、大量の活性酸素が生まれますので、それを無害化するために、水素水を摂取するのが効果的です。

    最後に、就寝前に飲み、就寝中の脱水を予防します。
ダイエットや水分補給としての水素水
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事