睡眠とレム睡眠といびきの対処方法

睡眠とレム睡眠といびきの対処方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

627

しっかりと睡眠をとったつもりなのに、よく眠れていなかった気がする時は、いびきをかいているということがあります。毎日、熟睡したという感じがしなかったり、昼間、眠くて仕方がないということが続くような時は、一緒に眠っている人がいれば聞いてみるようにしましょう。でも、どうして、いびきをかくと熟睡できないのでしょうか。それには理由があります。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 人は眠っている時、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は浅い眠りで、ノンレム睡眠は深い眠りです。いびきをかいている場合は、この浅い眠りである方のレム睡眠状態なのです。いびきをかくということは、呼吸がうまく出来ていないということです。気道をしっかりと空気が通っていかないため、音が鳴ってしまいます。しっかりと呼吸をすることが出来ないと、当然、息苦しいですし、脳にも空気がいきわたりません。そのため、眠りが浅くなってしまうのです。つまり、イビキをかいている状態がつづいていると、その間は浅い眠りがつづいているということになるのです。熟睡した感じがするわけがありません。眠っても眠っても、寝たりないという状態になってしまいます。良質の睡眠をとるためには、イビキをかかないようにすることが大切です。そのためには、いろいろな工夫をします。手っ取り早い方法は、横向きになって寝ることです。仰向けになって寝ると気道を空気が通りにくくなるので、余計にイビキをかいてしまいます。そのため、横向きになって眠るようにしましょう。また、枕をかえてみるのもよいです。枕の高さがあっていないので気道が圧迫されて、空気が通りにくくなっていることもあるためです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 他には、太っている人の場合は痩せることも大切です。太っていると、気道が圧迫されるので、空気が通りにくくなります。痩せられるようにダイエットするようにしましょう。痩せているのにイビキをかいている人は、ストレスが原因になっていることがあります。ストレスを発散できるように心がけましょう。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 良質の睡眠をとるためには、いびきをかかないようにすることがとても大切です。浅い眠りの状態が長くならないように、気をつけます。そのためには、寝方に気をつけたり、枕をかえたり、色々と工夫することが出来ます。ダイエットやストレスも関係がありますので、色々と試してみるようにしましょう。自分はどんなことが理由になっているのか、考えてみることが大切です。

睡眠とレム睡眠といびきの対処方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事