朝すっきりしない…眠りが浅いことや睡眠時間について

朝すっきりしない…眠りが浅いことや睡眠時間について

Thumb?1414295452 muah♪さん

544

人間にとって睡眠は非常に大事なことであり、欠かすことができないことなのです。睡眠は脳や体を休めるために非常に重要なのです。無理して寝ずにいたり、夜更かしを続けると、次第に全身に悪影響を及ぼし様々な弊害が見られるのです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 人間にとって眠気とは、体や脳が休息したいとサインを出しているのです。そのためできればそのサインに従い睡眠を充分とるこが健康維持するのに一番良いのです。寝不足や睡眠時間が短いということは、体が休んで癒されず、脳も常に興奮状態になり集中力の欠如や、注意力が欠如するようになります。次第にメンタルにも影響を及ぼし、妙にイライラしたり、ハイテンションで奇行が目立つようになったり、時に幻覚を見てしまう人もいるのです。こうした精神状態ではとても仕事や勉強に集中することができません。まして機械操作などでは注意力が欠如し、時に大事故に繋がる可能性もあるのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • また睡眠が充分でないと体の免疫力や抵抗力も低下して、風邪やインフルエンザに感染しやすくなるのです。睡眠が不十分であることは人間の健康を蝕み、体や精神までも病んでしまうことになるのです。睡眠は出来れば七から八時間程度、ぐっすり眠ることが理想的です。しかし長時間寝ればそれで良いというものでもないのです。眠りはその質が非常に重要であり、眠りが浅いことはあまり良い睡眠状態ではないと言えるのです。ぐっすりと理想的な睡眠とはレム睡眠とノンレム睡眠と言って深い眠りと浅い眠りが波のように交互にやってくる状態が一番理想的なのです。眠りが浅い状態が続くと夢を見ている状態が長く、脳がきちんと休まらないのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 長時間にわたって眠りが浅い上に、夢を良く見る人は深い眠りができるように睡眠環境などを自分で整えることが大事です。眠りに就く直前に入浴し、体を非常に温める人が多いものですが、これはかえって入眠を困難にし、浅い眠りになる可能性があるのです。入眠は体が低体温になると非常にスムーズであり、入浴は就寝の直前ではなく数時間前に済ませておくことも大事です。また深い眠りのためにはストレスや不安をできるだけ解消するように努めることが大事です。何か悩み事を抱えていると入眠も遅く、深い眠りになりにくく夢ばかり見てしまうのです。すると朝起きた時に頭が重かったり、すっきりと目覚めが良くない場合が多くなるのです。また寝室の照度なども薄明るくしたり、朝起きたら必ず朝日をあびて副交感神経を活性化するだけでも眠りの質は格段と変ってくるのです。

朝すっきりしない…眠りが浅いことや睡眠時間について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事