ストレスや頭痛は低体温が原因の場合もある

ストレスや頭痛は低体温が原因の場合もある

Thumb?1414295452 muah♪さん

384

低体温になっていると、体にいろいろな不調を起こしてしまうことがあります。
頭痛や便秘、腰痛、肩こりに慢性的な疲れなどが起こってしまいます。人間の体温は基本的に36.5度あるというのが適切だといわれているのですが、最近は35度くらいの体温になっている人が増えています。
ストレスや運動不足、食事の栄養バランスの悪さなども体の体温を調整することができない原因になっています。なので、少しずつ、自分でできる改善策を行っていくことが大切です。


  • 出典: instagram.com

  • 低体温の状態が続くと、自律神経や排泄の機能のバランスが崩れてしまいます。そうなることで、ますます体調不良を起こしてしまうので、早めに改善するようにしておかなければいけないといいます。低体温の状態が続きすぎると、さらに免疫力が低下して、それに伴ってどんどん体調が悪くなってしまう可能性が高いです。
    低体温の原因としては、ストレス、運動不足、冷え性などいくつかあげられますが、これは自分で少しずつ改善するしか方法がないということです。
    生活改善のひとつとして、冷え性を治すにはお風呂にゆっくりと入ること、頭痛がひどいのは、血流が悪いから、という場合もありますし、冷え性のせいという場合もあります。体を温めるようにして、医師に一度相談してみるのもいいということです。
  • 出典: instagram.com

  • ストレス解消をするように気をつけるのもとてもいいことです。自分の好きなことをしてみる、ゆっくりと出来る時間を定期的に少しでもいいので作っておくことが大切です。
    低体温は体の不調だけではなく、精神的な部分でも不安定さを出してしまいます。なので、もしどうしてもつらい、ということになったら、医師に相談して、改善する方法をアドバイスしてもらったり、治療をするようにしておくことが大事なのです。

  • 出典: instagram.com

  • 人の体温はその人の体調の変化を表しています。
    頭痛や腰痛、便秘、肩こりや慢性的な疲れなどはその人の体温が低いために起こってしまっている可能性もあるのです。
    まずは、どのように改善すればいいのかを調べたり考えてみることです。そして、生活のなかでかえることができるものがあれば、そこからはじめておくことが大切です。お風呂にゆっくりと入る、足をする、食事や飲み物を体を温める作用のあるものに変化する、などのちょっとしたことで体調がよくなることもあります。
    ちょっとしたことを生活のひとつに取り入れるだけで、体温の変化を感じることができるようになるということです。

ストレスや頭痛は低体温が原因の場合もある
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事