ストレス頭痛ならば薬もうまく利用しましょう

ストレス頭痛ならば薬もうまく利用しましょう

Thumb?1414295452 muah♪さん

352

頻繁に起こる頭痛の原因とな何か
頭痛が起こりやすい人、起こりにくい人、人それぞれ痛み方も違うものです。風邪でもないのに、頻繁に頭痛が起こる原因のひとつに「ストレス」があります。緊張した状態や不安な状態が長く続いてしまうと、それが知らず知らずのうちにストレスとして溜まり、体への影響が出始めてしまうものです。最近では大人だけでなく子どもうちから、何だかの理由があり痛みを感じる人が多くなっていると言われています。痛みが続いてしまうと、集中力がなくなったり日常生活にも影響が出てしまいかねないので、なるべく早く改善するように心がけることが大切です。


  • 頭痛の種類は2種類ある

  • 頭痛の種類は2種類ある
  • 出典: instagram.com

  • 脳の血管が拡張して神経を刺激することで起きやすくなるのが「片頭痛」といわれるものです。ストレスから解放された時(仕事休みなど)、寝過ぎや寝不足、女性ホルモンの乱れ(月経前など)、空腹や疲労といったものや、光からくる刺激でも起きやすくなります。こめかみあたりがズキンズキンと痛んだり、光や音、気圧、人混みなどに敏感になることや、吐き気を感じる症状が出やすいのも特徴です。改善法は冷やしたタオルを痛む部分に当てることや、静かな暗い場所で安静に過ごすと良いでしょう。カフェインが含まれているコーヒーや日本茶などを飲むと軽減するといわれています。「緊張型頭痛」の場合は、精神的や身体的にストレスが溜まることで起きやすくなり、長時間同じ姿勢で仕事や勉強をし続けていることで起きやすくなります。目の疲れや後頭部や首などから頭が痛くなるような感覚になることが多いです。改善法は適度なストレッチをし同じ姿勢を続けないことで筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。筋肉をほぐすことが大切なので、マッサージをしたり入浴などで血行を良くしてあげることや、ストレスを解放するために気分転換を行うようにしましょう。
  • 頻繁に起こる場合は薬を飲むことも大切

  • 頻繁に起こる場合は薬を飲むことも大切

    出典: instagram.com

  • 薬を飲むことに躊躇してしまう人も多いかと思いますが、痛みをそのままにしておくと日常生活に支障が出るだけでなく、痛みを感じることでの不安感などからストレスへと繋がってしまうことがあります。辛い場合は我慢をせずに用量をきちんと守ったうえで薬を服用するようにしましょう。あまりにも長く痛みが続く場合や薬を飲んでも痛みが改善されない場合などは注意が必要です。手先にしびれを感じたり、吐き気が頻繁にある、眩暈が起こるなどといった場合は、他の頭の病気の場合もあるため、医療機関を受診しきちんと検査を受けることも大切です。

ストレス頭痛ならば薬もうまく利用しましょう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事