手芸を楽しむ方法

手芸を楽しむ方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

306

「手芸を楽しむ方法なんて、しょせん趣味なのだから自由でしょ?」とお思いかもしれませんが、ここをクリアしていくとより、手芸をすることが楽しくなるというポイントをご紹介いたします。


  • ポイント1 材料のメモ

  • ポイント1 材料のメモ
  • 手芸をやるのも、料理をする時も勿論ですが、最初に材料を揃えるところから始まります。この時点で億劫だと感じるのなら手芸や料理をすることは向いていないと思います。

    作ってみたい、やってみたい手芸の内容をまず決めます。
    手芸のジャンルは様々ありますが、編み物・ビーズ・パッチワークなどが主流でしょうか。最近では、レジンアクセサリーや羊毛フェルトをつかったマスコットづくりなどが特に人気です。

    羊毛フェルトは慣れるまでが難しく、根気がいりますし、失敗すると怪我してしまう恐れがありますが、とても楽しく出来上がったときの嬉しさは大きいです。

    レジンは、キラキラつやつやとしたアクセサリーを作ることができます。レジン液というものを用意することになりますが、このレジン液は紫外線でかたまるというエコな素材です。UVライトを出す機械も売られていますが、太陽の光でも大丈夫です。(晴れのときにしか作れないという欠点があります。)

    作りたいものの材料を揃えるために、手芸屋さんに行って、胸を躍らせるのも楽しみの1つです。
  • ポイント2 プレゼントに挑戦

  • ポイント2 プレゼントに挑戦
  • 友人や家族、恋人などに手作りのものをプレゼントしてみたいと思った時が、作るチャンスです。相手の喜ぶ顔、驚く顔、嬉しい顔を想像して作るとより効率よく作業が進むと思います。

    どんなものが好きか、どんなものをあげたら喜ぶか、など相手のことを想える時間になりますので、とても有意義でやはり楽しい時間になります。また、少し難易度の高いものに挑戦するのもプレゼント故の醍醐味になるのかなと思います。

    ラッピングまでが手作りの大切なポイントです。
    どんなラッピングであげようか、と悩むのも実は楽しい悩みになるはずです。とびきり素敵なプレゼントに仕上げましょう。
  • ポイント3 自己満足から販売の世界へ

  • ポイント3 自己満足から販売の世界へ
  • 手芸というと、やはりどうしても「自己満足」で終わってしまいますが、SNSで自分の作った作品をみんなにシェアすることだけでなく、自分で手作りした作品を販売できるサイトなどもあります。そういったところに投稿をして、実際に自分の作った作品を売るというのも、手芸の楽しみになると思います。

    実際に販売活動を始めてしまえば、「趣味」の世界から「仕事」の世界になってしまうかもしれませんが、自分が楽しんでやっていることなら、絶対楽しいはずです。
    勿論、時には追い込まれたり、こんな作品でいいのかと落ち込み悩むこともあったりすると思いますが、そこを乗り越えれば、更なる良質な作品を生み出すことができます。

    努力を惜しまなければ、必ず新しい道が開けるので、ぜひそこで止まらずに頑張っていただきたいと思います。
  • 最後に

  • いかがでしたでしょうか。

    「手芸苦手なんだよねぇ、細かい作業も不器用だからできないし・・」と落ち込む必要はありません。例えば、デコパーツを購入して、自分の手鏡をデコレーションすることだって手芸の1つになります。デコパーツを買うのが嫌なら作ればいいという発想に転換されれば、尚更、手芸の世界へ一歩踏み出すことになります。

    ぜひ、楽しい世界を広げていっていただきたいと思います。
手芸を楽しむ方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事