出産の近い臨月での外出で気をつけること

出産の近い臨月での外出で気をつけること

Thumb?1414295452 muah♪さん

651

出産の近づいた臨月でも外出する人は多いです。特に上の子がいる場合には、外出しないといけないこともありますよね。


  • ストレスをためない為にも

  • ストレスをためない為にも
  • 出典: instagram.com

  • 妊娠中につわりがひどかった人でも臨月に入るとほとんどの人が収まるため、リフレッシュのために外出して外の空気を吸うことは体も心も清々しくなることが可能です。出産には体力が必要になり、家にこもりがちになると不安感やストレスが溜まりやすくなるため、体力作りや気分転換のためにも外に出て散歩などの運動することは大切です。臨月になると子宮が下の方に下がり、胃の圧迫感が取れ不快感が減るため、食欲が出る場合もあるため、体重管理のためにも運動は重要です。
  • 心の準備をしておきましょう

  • 心の準備をしておきましょう

    出典: instagram.com

  • 臨月中に出かける場合には、いつ陣痛が起きても対処できるように心がけ準備をしておくことです。また、行き先を家族にしっかりと伝え、万が一の場合に備えて、タクシーの連絡先を控えたり母子手帳を持参しておくことです。近場の施設や散歩であれば、そこまで不安になることは少ないですが、念のため午前中に活動しておくほうが良いとされています。
    臨月中の外出は、外出先への距離や時間が問題になる場合が多いです。移動に長時間かかる距離へのお出かけでは、むくみの原因になったりと身体に負担がかかり、安静にしてないことから万が一の事態がおこる可能性もあります。近場であれば、体への負担も少なく、万が一出かけた先で破水や陣痛が来たとしても病院にすぐに行けることができるため安心できます。そのため、里帰り出産で長距離を移動する場合には、できるだけ臨月前に移動しておくことです。
  • 体調管理はしっかりと

  • 体調管理はしっかりと

    出典: instagram.com

  • ただし、切迫早産で薬を飲んでいる人の場合は、より慎重に行動したほうが良いとされています。切迫相談の場合は、通常よりも赤ちゃんが生まれやすい状態のため、慎重になったほうが良いとされています。
    外出する際に気をつけることとして、混雑や人ごみは避けるようにします。出かける場合には、体の調子に合わせることです。少しでもおかしいと感じた場合には、外出を弾けるようにします。また、繁華街や満員電車などの人ごみは避けた方がよいです。外出は午前中に行ったほうが良い理由として、午後以降は身体に疲れが出やすいためです。そのため、午後はできるだけ家で身体を休め、出産に向けて心準備をしておくことです。
    出産すると赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、自分のために時間を作ることが難しくなります。臨月だからと外出を恐れるのではなく、気をつける点は気をつけて残りの妊婦生活を楽しむことです。

出産の近い臨月での外出で気をつけること
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事