体外受精とは?方法や流れ、成功率、リスクなどをご紹介します!

体外受精とは?方法や流れ、成功率、リスクなどをご紹介します!

Thumb?1414295452 muah♪さん

156

自然な形で子宝を授かりたいとは誰しも願うことですが、中にはそれが自力では叶わない人もおられますよね。昔と違い、医学の発達している今、不妊治療を受けられるようになりましたが、結婚年齢が高齢化している今、不妊治療を受けられる年数の余裕も限られています。自分に合った不妊治療をしっかり見極めることが大切です。
不妊治療の一つ、体外受精とはどんな治療なのか、ほかの不妊治療との違いは何か、どのように行うのか、成功率はどれくらいか、そして気になる費用について、紹介していきます。

  • 体外受精(IVF)ってなに?

  • 体外受精(IVF)ってなに?
  • 体外受精はIVFとも呼ばれ、In Vitro Fertilizationの略です。
    簡単に言えば、女性の子宮から取り出した卵子と、男性から採取した精子のうち、特に運動率の優れた精子を一緒にシャーレに入れて自然に受精させ、その受精卵を培養して、女性の子宮に戻すというものです。
  • 人工授精(AIH)、顕微授精(ICSI)との違いは?

  • 人工授精(AIH)、顕微授精(ICSI)との違いは?
  • 不妊治療には体外受精のほか、人工授精(AIH = Artificial Insemination with Husband’s Semen)や顕微授精(ICSI = Intracytoplasmic Sperm Injection)があります。それぞれ異なる方法です。その違いにより、表記も「受精」と「授精」のように区別されています。

    まず人工授精は、精子を男性から採取するのは体外受精と同じなのですが、卵子を女性の子宮から取り出すことはしません。精子を子宮の中へと注入するところまでを医師が行って、あとの受精、着床、妊娠というのは自然な妊娠と変わらないのです。
    次に顕微授精は、体外受精と同じく卵子も精子も採取するのですが、体外で自然に受精させるのではありません。医師が顕微鏡を見ながら精子を卵子の中へとピペットで注入するのです。受精後に子宮に戻すところは、体外受精と同じです。
  • 体外受精を行うケース、メリットは?

  • 体外受精を行うケース、メリットは?
  • 異なる方法の中から体外受精が薦められるのはどのようなケースでしょうか?

    体外受精よりも自然受精に近い形は人工授精です。なので、人工授精をまず試して、4~6回繰り返しても成功しなかった場合や、人工授精が最初から向いていないケースの場合に、体外受精が選択肢となります。
    例えば、男性側の要因として、精子が少ない、または機能が弱い場合は、人工授精には向いていないと考えられます。
    また、女性側の要因としては、卵管が閉塞していたり、子宮内膜症があったり、高齢で卵子の老化が進んでいるとか、抗精子抗体がある場合も、人工授精は難しく、体外受精が選択肢となります。
    技術が進歩した今、痛みも危険もほとんどない方法で実施できる上、人工授精で妊娠に至らなかったケースでも体外受精でなら成功することが多く、メリットと言えます。
  • 体外受精の方法、流れは?

  • 体外受精の方法、流れは?
  • 男性側の役割は、院内か自宅で精子を採取することです。専用の容器を渡されるので、射精してから2時間以内に提出します。治療者側は、精子の中でも運動率の高いものを取り出したいので、遠心分離機にかけるなどして選別します。

    女性側は、まず排卵させることから始めます。ホルモン剤、排卵誘発剤などで排卵を促し、hcg注射をして成長した卵胞から卵子を排卵するように促すのです。
    排卵誘発剤を投与して卵胞をエコーでモニターし、大体36時間後に採卵します。この時は麻酔を行い、膣の中から器具で卵子を取り出します。

    選別された精子と、採卵された卵子とをシャーレ上で一緒にして、自然に受精するのを待ちます。3~12時間で受精卵となります。
    一度に複数の受精卵ができるのが普通なので、その中から選別された受精卵を女性の子宮へと戻します。膣から細いカテーテルを使って注入しますが、数分で終わりますし、痛みもありません。
    この移植の後、数時間は安静にしていなければなりません。
  • 体外受精で妊娠する確率は?

  • 人工授精に比べて妊娠に成功する確率が高いとされる体外受精ですが、妊娠成功確率は医療機関ごとにかなり差があり、病院によっては妊娠率、受精率をホームページ上で公表していたりするので、是非確認してみて下さい。
    勿論、治療を受ける側も年齢などにより個人差があるので、確率を一概には言えないのですが、よく言われる目安としては、体外受精による妊娠成功確率は大体20~40%ということです。
  • 体外受精の成功率を上げるには?

  • 体外受精の成功率を上げるには?
  • 体外受精では、体外で受精させたものを子宮内に移植して終わるのですが、受精卵をどれくらいの期間培養してから移植するか、また、受精卵と共に例えば培養液も一緒に移植するか、といったことで妊娠確率が違ってくることが分かっています。

    例えば、受精から2~3日後に胚移植を行う方法、受精から5~6日後に移植を行う方法がありますが、これら二つを両方、つまり二段階に分けて2つ(以上)の受精卵を移植する二段階移植法の方が妊娠確率は高いとされています。更に、受精から5~6日後のものに受精卵の培養液も加えて移植するSEET移植という方法は、特に妊娠確率が高いと言われています。
  • 体外受精にかかる費用は?

  • 体外受精は自由診療となります。保険が適用されないので、実費を全額負担しなければなりません。
    まず排卵誘発法を刺激法にするか、低~中刺激法にするかでも、採卵までにかかる費用は変わってきます。刺激法ですと約5~10万円、低~中刺激法では約1万5千円~3万円と言われます。
    採卵から妊娠判定までのところでは、採卵、培養、移植などで20万円~30万円かかると言われますが、採卵数や、胚凍結の個数によって金額は変わってきます。

    あらゆる変動要因を考えると、100万円程度掛かることもない訳ではありません。
  • 体外受精によるリスクは?

  • 体外受精によるリスクは?
  • 体外受精は不妊治療の一つであり、自然な妊娠とは異なるので、それなりにリスクや副作用はどうなのか、心配になるのは当然でしょう。

    まず、体外受精で妊娠した子はダウン症とか奇形で生まれるリスクが高いかと言うと、幸いそのような報告はなく、自然妊娠の場合と変わりはありません。ただ、体外受精に踏み切る方が高齢で出産する場合が多いことから、高齢出産に伴うリスクとして、子に障害が出る可能性はあるということです。体外受精特有のリスクではありません。

    しかし、体外受精特有の母体へのリスク、副作用というのはあります。

    まず、排卵誘発剤が投与されることから、卵巣が腫れて腹水が溜まる卵巣過激刺激症候群(OHSS)が副作用として出ることがあります。腹痛や腰痛、吐き気、下痢といった症状を伴います。
    また、複数の受精卵を移植しますので、多胎妊娠の可能性が高くなるわけですが、多胎妊娠の場合、流産・早産となる率が自然な妊娠の場合の2~2.5倍に高まります。無事に生まれてきてくれる場合でも、多胎妊娠で双子が生まれる可能性が高いので、そのことも想定しておく必要があります。
    更に、採卵の時に麻酔を行う場合があり、麻酔に伴う血圧低下などのリスクがあるほか、採卵中に子宮に傷を付けてしまい、元々血管が多く集まっている場所なので出血してしまうリスクがあります。
  • まとめ

  • まとめ
  • このように、費用のことやリスクについての注意点も考えた上で、人工授精を諦めざるを得ない方は、体外受精という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか? 
    病院・クリニックによっては不妊治療の方法の比較、費用、リスクについてホームページで公表しているところがあるので、是非参考にしてみて下さい。
体外受精とは?方法や流れ、成功率、リスクなどをご紹介します!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事