短時間睡眠は習慣で慣れることができるのか

短時間睡眠は習慣で慣れることができるのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

1207

1日の時間は、全員平等に24時間です。
ですが、その24時間の使い方は人によって様々です。
24時間のうち、誰もが欠かせない時間が、睡眠時間です。
ただ、睡眠時間の長さは人によって様々で、1日の活動時間を少しでも長くしたいと考えた場合、睡眠時間を少しでも短くしたいと考える人は少なくありません。
短時間睡眠で、日中の活動時間を長くしたいと考えた場合、少しずつ、短い睡眠時間に慣れるようにしていく事がお勧めです。
ただ、短時間睡眠が可能かどうかは人によって変わってきます。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 世の中には、3時間睡眠で問題ないという人も存在します。
    ですが、3時間睡眠は続けるうちに限界がくる事が殆どです。
    短時間睡眠を考える場合、極端に短い時間にしようとするのではなく、4時間半程度を意識する事がお勧めです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 人の睡眠は、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を交互に繰り返しています。
    1時間半置きに浅い眠りのレム睡眠がくる為、1時間半、3時間、4時間半、6時間、7時間半というタイミングを意識して起きるようにするとスッキリと目覚められる事になります。
    3時間では、体に支障が出る可能性もある為、少しでも睡眠時間を短くしたい、活動時間を長くしたいと考えた場合の最短の睡眠時間でお勧めなのは、4時間半となります。
    徐々に体を慣らし、4時間半の睡眠でも、質の良い睡眠を取れるようになれば、日中、しっかりと活動が出来るようになってくる人は珍しくありません。
    ただ、長く短時間睡眠を続けていきたいと考えた場合に、理想的なのは、6時間です。
    6時間睡眠であれば、体に支障が出る可能性や、日中の活動に影響が出る可能性も少なく、バランスの取れた生活を送りやすくなります。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 短時間睡眠を意識し始めると、少しでも短い睡眠時間の方が、日中の活動時間が長くなって、毎日を有意義に過ごす事が出来ると考え、極端に短い睡眠時間に慣れようと頑張ってしまう人は珍しくありません。
    ですが、3時間睡眠等、極端に短い睡眠時間に慣れる事が出来たとしても、その生活を続けていく事で、体や日常生活に支障が出始める可能性がないとは言い切れません。
    時間を有効に使いたいと考え、その為に体を壊してしまっていたのでは意味がありません。
    短い睡眠時間を意識するのであれば、6時間程度を目安に体を鳴らしていく事がお勧めです。
    最も短くする場合でも、4時間半を限度に考えておく事で、日常の活動と睡眠の良いバランスを取る事が出来ます。

短時間睡眠は習慣で慣れることができるのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事