天才に多いと言われているロングスリーパー

天才に多いと言われているロングスリーパー

Thumb?1414295452 muah♪さん

8359

「ロングスリーパー」と呼ばれる人達のことを知っていますか?1日9時間以上の睡眠を必要とする人達のことをそのように呼びますが、このような長い睡眠を必要とする人達は、全体の人口の中で約10%ほどだと言われています。このロングスリーパーの人達の中には「天才」と呼ばれる人達が多いのですが、それはなぜでしょうか。


  • 出典: www.tumblr.com

  • ロングスリーパーを代表する人物としては、科学者のアインシュタインが有名で、彼は1日10時間くらい睡眠をとっていたという話が伝わっています。彼の睡眠に関する有名な逸話では、眠っている間に歴史的発見につながるような化学式が夢に出てきて飛び起きた、という話も伝わっています。他には、F1選手のミハエル?シューマッハ、白鵬、石原慎太郎、ペネロペ?クルスやイチローなどが挙げられています。名前の挙がっている人達は、いずれも「天才」と呼ぶにふさわしい才能を持った人達ばかりですね。
  • 出典: www.tumblr.com

  • では「誰でも睡眠を長くとれば天才になれるのか?」というとそうでもないようなのです。睡眠時間には各個人それぞれに合った時間があり、長く眠ると逆に具合が悪くなる、という人もいれば短くても頭がすっきりする、と言う人もいるのです。ちなみに睡眠時間6時間以下という短い時間で頭がさえる人達のことは「ショートスリーパー」と呼ばれていますが、この人達は全体の人口の中では約5%ほどではないかと言われています。ロングスリーパー、ショートスリーパー、合わせても15%ほどです。ですので、その他の人は普通の睡眠時間をとった方が良い、ということになります。眠いのなら仕方がありませんが、むやみに長く睡眠をとることはおすすめしません。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 一般的には、睡眠時間は7時間が良いとされており、この睡眠時間で生活することが寿命が一番長く保てるとされています。ところがロングスリーパーの人々は10時間眠る者も13時間眠る者もいます。これだけの長い睡眠が必要になるのは、起きている間に脳を酷使しているせいだとも、または性格が関係しているとも言われています。起きている時間が少ないことで、集中的に脳をフル回転させて酷使している場合が多いようなのです。また性格に関係する話では、ロングスリーパーの人達は内向的でストレスが溜まりやすい、という傾向が多いようです。その溜まったストレスを癒すために長い睡眠時間が必要になるのでは、という見解もあります。とはいえ、脳のフル回転は自らさせようと思ってできることでもありませんし、内向的になろうと思ってなれるものでもありませんね。自分に合った睡眠時間をとれるように心がけましょう。

天才に多いと言われているロングスリーパー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事