鉄欠乏性貧血に伴う頭痛の対処法

鉄欠乏性貧血に伴う頭痛の対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

2400

貧血の中でも、鉄分が不足しておきる鉄欠乏性貧血は頭痛の症状を伴いやすいです。
貧血とは血液中の赤血球・白血球のヘモグロビン(酸素を運搬する物質)の量が少ない状態を指します。ヘモグロビンは酸素を運搬する役割を持っていますが、それが不足してしまうことで体全体に十分な酸素が供給されなくなり、頭痛の症状が起きることがあります。


  • 出典: instagram.com

  • 頭痛の種類も様々で、めまいを伴ったり、吐き気を伴うケースもあります。女性は特に妊娠や授乳中には鉄分が不足して貧血になりやすくなります。また、過度なダイエットにより症状を訴えるケースも多いです。
    鉄欠乏性貧血による頭痛を改善していくには、食生活の見直しが効果的なことが多いです。
    まず赤血球を作る材料となるたんぱく質の摂取をしっかり行うことが基本です。たんぱく質は赤血球の他、ヘモグロビンの材料にもなる物質なので、十分な量を確保することが大切です。
    たんぱく質が豊富なのは、卵・魚介類・肉類・大豆製品です。
    鉄分が豊富な食事をするときに見直したいのは、その調理法です。調理法を変えるだけで、普通に摂るよりも鉄分の摂取量を高めることが出来ます。
  • 出典: instagram.com

  • そのまま食べても効果的な食材はヘム鉄を多く含む食材で、代表的なものには豚肉・鶏肉・牛肉・内臓類(レバー等)・カツオ・イワシ・マグロなどがあります。
    このほか、調理法を工夫した方が良い食材として、非ヘム鉄の卵・しじみ・アサリ・大豆・ほうれん草・小松菜・ひじき・海苔・ココアなどがあります。これらはビタミンCやクエン酸を含む食品と一緒に調理することで、吸収率を高めることが出来ます。例えば、しじみ汁に梅肉を加えたり、海苔と小松菜で梅を巻くなどでも吸収率がアップします。
    レモンなどを非ヘム鉄の食材にかけるなど、一手間加えるだけでも吸収率を高める効果があるので、実践してみましょう。また、酸っぱいものには胃酸を増やして鉄の吸収を良くする効果もあります。
  • 出典: instagram.com

  • 食事を抜く人や、偏った食事をしている人、ダイエット中の人も鉄分が足りなくなりがちなので、しっかりと食事をする習慣を身につけましょう。また、どうしても食事だけでは鉄分が不足してしまうというのならば、鉄分摂取をサポートするサプリメントなどを使う方法でも良いです。
    もちろん食事から摂取するのが理想的ですが、忙しい時には使えるものを使う方法で対処していきましょう。
    貧血は徐々に進行していく可能性が高い怖い病気です。医療機関を受診する時は、自覚症状がある段階で受診することが大切です。

鉄欠乏性貧血に伴う頭痛の対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事