デンタルケアで歯の疾患を予防していつまでも健康な口腔環境を作る

デンタルケアで歯の疾患を予防していつまでも健康な口腔環境を作る

Thumb?1414295452 muah♪さん

61

歯は食事をする際に必須の存在で、この部分の健康状態が良ければ快適な生活を送れます。デンタルケアをすることによって、健康状態が悪化するのを予防できますので、ぜひやり方を覚えましょう。

  • そもそもデンタルケアとは何なのか

  • そもそもデンタルケアとは何なのか
  • 口腔内を良好な状態にすることが、デンタルケアが持つ意味です。歯の部分ばかりを意識する傾向が強いですが、口腔内全体の健康状態を保つことで、結果的に歯にも良い影響をもたらしますし、その逆もあり得ます。
    健康状態を保つためのケアだと理解すればちょうどよいでしょう。

    デンタルケアが行われる場所は、自宅や歯科クリニックなどです。クリニックで治療を受けるイメージが一般的に強いでしょうが、普段から自宅で行っている行動も、立派なケアに当てはまります。自宅だけではなく、外出先でもケアを行うことが可能ですし、ぜひ行っておきたいことでもあります。

    ケアについてはあまり深く考えることはなく、清潔な状態を保つことを意識すれば構いません。食事をして歯に食べかすが詰まったり、歯茎に食べかすが張り付いた状態だと、不潔な口腔環境になってしまいます。不潔になる原因を取り除いてやれば、清潔な状態に変化させることが可能です。

    たったのこれだけでも、ケアとして有効に働いてくれるのが特徴です。毎日のように口腔内は汚れが付着しますから、同様に毎日ケアをして不潔な状態が続かないように予防することが大切です。面倒臭がらずに丁寧に根気よく行う習慣を身に着けてください。
  • 虫歯や歯周病を防ぐ効果がある

  • デンタルケアを行うことによってもたらされる効果が、各種疾患の予防です。虫歯や歯周病の発生を予防することができるため、いつまでも健康状態が保たれ、食事を楽しむことができたり、不快な症状に悩まされることがなくなります。

    疾患が予防できれば、歯が失われる危険が大きく下がります。穴が開いたり溶けてしまった歯は、皮膚のように自力で再生する力がありません。

    微細な欠損程度であれば唾液の力で再石灰化され、元の状態に戻すことができても、一定以上悪化すると治療しなければ回復が難しくなります。

    治療が長引いたり、高度な治療方法を用いると費用がかさんでしまいますが、デンタルケアを行えば多くの費用負担の発生を予防できるという側面を持っているのが注目すべき点でしょう。

    クリニックに通い続ける期間が長くなるほど、貴重な時間を通院のために使ってしまいます。時間を無駄にしないという意味における予防効果も期待できる、優れた面を持っているのが頼もしいところです。

    このように、口腔内の疾患を予防する効果だけでなく、経済面や時間に関する無駄を予防できる可能性についても理解しておきたいところです。デンタルケアの必要性が自然に理解できるでしょう。
  • 市販品で自宅ケアをするのが基本

  • ケアを行うには道具を揃えたり、費用を考える必要が出てきます。

    自宅ケアとクリニックでのケアでは随分と違ってくるのが特徴です。基本は自宅で行うデンタルケアになりますが、道具は市販品を揃えるだけで十分です。費用もさほどかからず、お手軽に続けることができます。

    市販品として必ず用意したいのが、歯ブラシです。ブラッシングをすることで、歯垢を取り除き、口腔内を清潔に保ちます。価格は200円前後のものが多くなっています。洗浄剤の意味を持つペーストも必要です。汚れを落としやすくしてくれます。これも200円前後が相場です。

    疾患の予防効果を高めるなら、デンタルフロスを用いると良いでしょう。ブラッシングでは届かない部分の汚れを取り除くのに有効です。デンタルフロスだと300~500円前後のものが目立ちます。デンタルリンスは口腔内の雑菌の繁殖を予防するのにおすすめです。500円~1000円程度します。

    クリニックでデンタルケアを受けるには、自分で道具を揃える必要はありません。用意するのは健康保険証や診察券、お金くらいです。保険適用であれば3000円くらいの費用が目安になりますが、保険適用外だと5000円~1万円以上かかってきます。
  • 自宅ケアとクリニックのケアの基本的な流れ

  • デンタルケアの具体的な方法ですが、毎日の自宅ケアが基本中の基本です。歯ブラシにペーストを適量つけて、歯を1本ずつ磨くように、丁寧にブラッシングしましょう。

    食事をした後に毎回ブラッシングするのが理想ですが、難しいなら最低限、寝る前だけでも必ず行ってください。

    デンタルフロスを使うなら、ブラッシングのタイミングと同時に行っておきます。予防効果を高めるために、仕上げにデンタルリンスを口に含み、うがいをして吐き出します。デンタルリンスは水ですすぐ必要はありません。

    クリニックのケア方法ですが、まず歯科健診が行われ、疾患がないか医者が診てくれます。特に異常がなければ、クリーニングによって口腔内を清潔にし、予防効果を高める施術が行われますので任せましょう。基本は歯垢と歯石の除去です。

    汚れを除去するために、ハンドスケーラーや超音波スケーラーというものを使ってくれます。高度な医療器具を使いますから、とても綺麗に除去してくれます。施術が終わった後は口の中をすすぎ、最終チェックをして終了です。

    1回の通院で終わる場合と、数回通院するケースがあります。窓口でお金を払い、次回予約日の説明を受けて帰宅する流れになります。
  • 定期的にクリニックのケアを受けること

  • 2種類のデンタルケアの方法が用意されていますが、注意点として、いずれか一方だけを行っているだけでは予防効果が得られないことを理解してください。両方を行うことが、歯の健康状態を保つための必須条件となります。

    自宅ケアは簡単ですので多くの人が実践しているでしょうが、問題となるのがクリニックの利用です。通院が面倒なため、自宅ケアと比べると利用者が少なめです。

    ですが、自宅ケアだけでは十分な予防効果が得られません。毎日丁寧にケアしても、汚れを完全に落としきれないためです。特に歯石がこびりつくとブラッシングだけでは落とせないため、クリニックで除去してもらうしかありません。

    クリニックのクリーニングの施術を受けると、歯ブラシが届かない部分まで汚れを落とせるのがメリットです。同時に健康診断を受けられることから、疾患の早期発見にも役立ちます。症状が軽いほど治療効果が高まり、通院日数が短く済むようになるでしょう。

    クリーニングは永久的な効果を持っていませんので、定期的に通院することが大事です。数ヶ月に1回のペースで通うようにしましょう。2~3ヶ月に1回がおすすめですが、頻繁に通うのが難しいなら半年に1回でも構いません。
  • 年を取って後悔しないための重要なケア

  • 歯を始めとする口腔内の健康状態を良くするために、デンタルケアが行われます。毎日欠かさず行うことが大事で、自宅ケアが基本になってきます。

    自宅ケアはブラッシングを基本にしますが、同時にデンタルフロスとデンタルリンスを使うことで、予防効果がアップすることを覚えておきましょう。

    毎日のケアと同時に、クリニックのクリーニングも定期的に行う必要が出てきます。普段の自宅ケアでは難しい汚れまで除去する、高い技術を持っているのが特徴です。保険適用の施術を受けられるケースが大半ですから、さほど費用面の心配をすることはないといえます。

    若い人の場合、デンタルケアについてあまり重要視しない部分がありますが、年を取った時に若い頃のケアの結果が出てきますから、後悔しないためにも油断は禁物です。

    虫歯は若い人に多い症状ですが、年を取ってくると歯周病のリスクが高まってきます。歯周病は症状を自覚しにくい疾患として知られており、気づいたときにはかなり進行していることが少なくありません。最終的に歯を失ってしまうほど怖い存在です。

    症状の悪化の原因として、歯石の付着が関係してきます。自宅ケアでは落とせない汚れですので、定期的にクリニックで除去してもらいましょう。
デンタルケアで歯の疾患を予防していつまでも健康な口腔環境を作る
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事