辛い月経前症候群とその対策

辛い月経前症候群とその対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

340

月経前症候群とは生理前1〜2週間前から起こる、いらいら、頭痛、眠気、などの症状が起こることを言います。生理が始まるとおさまるといいます。
生理中もいらいらするときは別の名前がついています。


  • 月経前症候群の対策

  • 月経前症候群の対策
  • いらいらする、つらい、眠い。症状は様々ですが、人によっては生理周期の記録をつけることで楽になる場合もあります。人間は原因がわからないことで、ますますいらいらいしてしまう場合もあり、生理記録をみて「今生理前だからつらいんだ」とわかってしまうことで、症状がちょっと楽になるようです。
    あまりにも痛みなどひどい場合は、鎮痛剤に頼るのもいいです。また、ピルを使用することで、症状が軽くなることもあります。ただの月経前症候群だと思っていても、別の病気が隠れている場合もあります。早めに受診しておきましょう。
  • 生活をちょっとだけ変えてみる

  • 生活をちょっとだけ変えてみる
  • 月経前症候群になる人は、不規則な食生活だったり、睡眠時間が不規則だったり、運動不足だったり、といくつかの要因が関係するようです。自分で、できるところから、変化していきましょう。生活をかえるなら早寝早起きをやてみましょう。いままで夜遅くまで起きていた人は、朝日を浴びながら夜やっていたことをやってみましょう。ネットでも、動画、映画鑑賞でも読書でも、ちょっと朝にまわしてみましょう。早寝早起きに生活を変える時は、早く起きることをより意識するといいようです。早く寝ようとしなくても、早く起きたら、夜眠たくなって、自然と生活が変わるようです。
    月経前症候群、開き直りの術、いっそ開き直って、「自分の人生の四分の一は調子が悪い」と腹をくくるのも方法です。○○できない、と自分を追い詰めたり、調子がいい時の自分を本当の自分だと思い込んだりすると、月経前症候群で集中力がなくなる自分が、ダメに思えてきます。そういう人はダメな自分が自分の基準値だとおもってしまいましょう。ハードルをちょっとだけ下げてみます。
  • また家族と同居している場合は「月経前症候群みたい」と自分の状況を聞いてもらうのも方法です。生理前でいらいらして、家族に当たり散らす回数も減ります。「今調子悪いの避けてね」と言いやすくなります。自分で説明する以外に、病院に一緒に行ってもらって、月経前症候群について、医師の説明を聞くこと。書店や病院で月経前症候群についての本や冊子を手に入れて、それを一緒に読む方法もあります。他人の言葉や本の方が理解されやすいこともあります。病院も本も使ってみましょう。しんどくなる前に薬でも、本でも、ツボ押しでもできることからやってきましょう。
    軽いものから重たい月経前症候群まで、どうにかなりますように
辛い月経前症候群とその対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事