つわり症状と赤ちゃんとの繋がり

つわり症状と赤ちゃんとの繋がり

Thumb?1414295452 muah♪さん

574

妊娠初期の辛いつわりと赤ちゃんとの繋がりについてお話しいたします。


  • 妊娠初期にあるつわりとは

  • 妊娠初期にあるつわりとは
  • 出典: instagram.com

  • 妊娠初期に起こる吐き気や嘔吐、食欲減退・増進などのことです。
    普通にしていれば大丈夫でも、嗅覚が敏感になっていることもあり、特定の匂いを嗅ぐと症状が悪化する人も多いものです。
    人によっては全くなかったり、あっても軽かったりしますが、重い人は入院する必要も出てくるものなので、絶対に無理してはいけません。
    本当に気持ちが悪くて何も食べられなくても、水分と果物など最低限食べられるものだけを口にして、脱水症状にだけはならないよう気を付けましょう。

    つわりの期間は大体6週から20週目くらいまでです。
    経験者の話から、多いのは8週から15週までの約2か月間でしょうか。
    私は5週目くらいから、白米やごま油の匂いを嗅ぐと気持ち悪いかな?という感じになり、6週から19週までは炊き上がりの匂いがとにかくダメで、嗅ぐと条件反射のように吐いてしまう状態でした。
  • つわりの原因って?

  • つわりの原因って?

    出典: instagram.com

  • 原因はまだまだ解明されておらず、諸説あります。
    ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が関係している説、体質がアルカリ性から酸性に変わるからであるという説、そして、赤ちゃんからの「安静にしてほしい」というメッセージだという説。

    ご存知でしたか?
    まだまだ安定期ではない時期に、横になるしかないほど体調が悪くなる。眠くて眠くてたまらなくなる。
    それは、赤ちゃんが「どうか今だけは安静にしていて」とメッセージを発信しているのだという説があるのです。
    今は、出産の合図である「陣痛」も、赤ちゃんが「もうそろそろ産まれたい」というメッセージを送っているのだと言われています。
    お母さんの体が決めているのではなく、赤ちゃんが合図を送っているのだというのです。
    妊娠中、そして出産という人生で最も大きな仕事のなかで、つわりは最初に起こるとてもつらい症状ですが、すべては赤ちゃんが生きるために必要なものだというのです。
  • 妊娠中、穏やかに過ごすために

  • 妊娠中、穏やかに過ごすために

    出典: instagram.com

  • ちなみによく「妊娠は病気じゃない」と言いますが、これは、だから怠けるな、いつも通りにしろという意味ではなく「妊娠は病気と違って薬や手術で症状をやわらげることができないから、とにかくひたすら安静にするように」という意味なのだそうです。

    妊娠初期は流産しやすい時期でもあります。
    また、赤ちゃんの基本的な部分が形作られる時期でもあります。
    仕事をしていると、どうしても無理しなくてはいけない時もあります。
    ですが、赤ちゃんを守れるのはお母さんだけです。
    お腹も出てない、胎動もない時期に、確かに赤ちゃんを感じられるのはお母さんだけなのです。

    安定期に入るまで周りには発表しない、という人も多くいます。
    そうすると、今までと同じように無理しなくてはいけなくなってしまいがちです。
    どうか一人で無理せずに、周りの理解を、特に父親である旦那さんの理解を得て、心穏やかに大切な妊娠初期と言う期間を過ごしてください。
つわり症状と赤ちゃんとの繋がり
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事