その症状、うつかも!?長く続いているもやもや不安の解消方法

その症状、うつかも!?長く続いているもやもや不安の解消方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

683

人員削減、残業代カット、減らないクレーム、サービス残業、職場の人間関係などなど、働く女子の苦労とストレスは大変なものです。一日の労働を終えて、家でリラックスやリフレッシュできていますか?土日は、仕事のことから離れ、自分のために休日を楽しめていますか?


  • 休日を自分のために楽しめていますか?

  • 休日を自分のために楽しめていますか?
  • 働く女子の皆さん、毎日お疲れさまです。
    「今日も疲れてヘトヘト…、化粧を落とすのも面倒くさい…。」
    「同僚の先輩にミスをなすりつけられて、さんざん!」
    「仕事でまたミスをしてしまって、上司にキツく怒られてしまった。」
    「今週は残業と休日出勤で乗り切らないと、厳しいなぁ…。」
    人員削減、残業代カット、減らないクレーム、サービス残業、職場の人間関係などなど、働く女子の苦労とストレスは大変なものです。一日の労働を終えて、家でリラックスやリフレッシュできていますか?土日は、仕事のことから離れ、自分のために休日を楽しめていますか?
  • うつにならないためには

  • うつにならないためには
  • 日々の疲れやストレスを、自分で上手く解消できれば、明日への仕事のパワーにつながります。日々の体の声を聞かず、仕事一辺倒になってしまったり、体に負担をかけるような解消法をしたりしているとどうなってしまうのでしょうか?寝ても寝ても疲れがとれない、何となくイライラしてしまう、漠然とした不安感が続く、といった体やメンタル面での不調を抱えることになってしまいます。
    特に、立場が変わったり、役職についたり、責任あるプロジェクトに任されたりと、環境の変化や年齢を重ねるごとに、注意が必要です。これらが引き金となって、うつ病を引き起こしてしまうこともあるからです。
    そうならないためにも、普段から自分の体調や心の声に耳を傾ける必要があります。うつ病に至ってしまう、うつ症状としてどんなものがあるでしょうか。
  • 理由もないもやもや感には要注意!

  • 理由もないもやもや感には要注意!
  • 不安感、気分の落ち込み、疲労感、睡眠障害、抑うつ感、食欲の減退、興味や意欲の喪失など
    うつ症状として明確に現れるのが、不安感です。不安感は誰にでもあるものですが、その不安に理由はありますか?明確に理由のある不安感で、解決法も持ち合わせているのなら問題はありません。しかし、理由もないもやもやとした不安感、漠然とした不安感が一週間以上も長く続くようなら、うつ症状の恐れがあります。
    決して、本人の努力が足りないとか、性格の問題ではありません。脳内にある、セロトニンと呼ばれる、神経伝達物質の正常な働きが壊れていることによって起こる病気なのです。
    病気なので、病院へ行き適切な治療を受けましょう。心療内科や精神科が受診の窓口です。症状に合わせて、抗不安薬や気分安定薬を処方してもらえます。また、病院には心理カウンセラーが常駐しているところも多いので、自分の悩みや抱えていることを相談するのもよいですね。
    あなたの不安はいかがでしたか?自分の体の声や気持ちにフタをせず、きちんと向き合うことが何より大切なことです。働く女子のストレスや疲れは、大好きなカフェでお茶したり、アロマテラピーやネイルなど、自分の癒される方法で、普段から解消できるとよいですね。
その症状、うつかも!?長く続いているもやもや不安の解消方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事